テーマ:扇子

神奈川県立近代文学館にクローデル扇子2本寄贈

2019年3月27日(水)午前中に、横浜山手町の神奈川県立近代文学館に到着。 展示課長代理の鎌田邦義氏とお会いし、 2018年6月17日(日)午後、同館で開催の、 ポール・クローデル展記念シンポジウム 「今に生きる前衛としての古典―― 詩人大使クローデルの句集『百扇帖』をめぐって」 http://www.kanab…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

クローデル『百扇帖』シンポのための2本の扇子

2018年6月17日(日)午後1時半から、神奈川県立神奈川近代文学館で開催の、 ポール・クローデル展記念シンポジウム 「今に生きる前衛としての古典―― 詩人大使クローデルの句集『百扇帖』をめぐって」 http://www.kanabun.or.jp/event/7522/ のために、作成した2本の扇子。6月16日(土)納…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

数寄和に扇子仕立てを依頼

9月9日(金)昼、西荻窪の数寄和に出向き、自作句「未来より」を墨書した扇面を1枚、扇子仕立てするよう依頼。数少ない京都の職人さんが仕事をしてくれる。 この扇面、昨年書いたもの。寝かせていた。 数寄和への途中、それまであった病院が解体中。数寄和の岸田社長によると、この病院、隣の土地を買って、大きくなるそうだ。 参照 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央線一駅分歩く 西荻窪~荻窪

8月5日(水)昼ごろ、西荻窪の数寄和で扇面2枚の扇子への仕立てを依頼し、近くで昼飯をすませてから、荻窪まで歩く。帽子とサングラス、そしてペットボトルが役立つ。 熱中症にならずにすんだ。しかし、汗をたくさん流した。 荻窪駅近くで、「荻窪」の地名の由来の寺、光明院を通り抜けした。 荻窪の由来 http://www…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イタリアへのおみやげ扇子2本

第8回世界俳協会大会参加のイタリアのR・Zさんは、実は、第9回世界俳句協会大会を、2年後の2017年にイタリアのパルマ国立公園で開いてくれる。 お礼の意味を込めた、日伊2言語扇子を作る。そのための扇面2枚に墨書。 また、京都の職人さんに腕をふるってもらう。 子供とキリンにだけ見えている空飛ぶ法王 Bamb…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

扇子2本 WHAC8クラウドファンディング

第8回世界俳句協会大会のクラウドファンディングのリターン(返礼)として、扇子2本。 6月末に西荻窪の数奇和を経由して注文。京都で制作。 予定より早く完成。畳んだ時の端っこの竹のそり具合が絶妙。 京都の職人芸はすばらしい。関東にはない。貴重な職人も後継者難と聞く。こういう職人を育成するための経済的補助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラウドファンディングのリターン6

第8回世界俳句協会大会のためのクラウドファンディングのリターンとして、扇子のための扇面に揮毫した。西荻窪の数寄和へ運び、扇子に仕立ててもらう。出来上がり8月10日予定。 参照 クラウドファンディングのリターン5 http://banyahaiku.at.webry.info/201507/article_…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

扇子を今夏初めて使う

7月10日(火)午後、M大学へ出講のため外出。この夏初めて扇子を鞄に入れ、少しだけ使う。4月から扇子を使った年もあったが、それも昔の出来事に。   蟻住む家から扇子を持ち出し少し使う  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more