テーマ: 俳句

「吟遊」第84号初校戻し

梅田印刷からはじめて印刷する「吟遊」第84号の初校にすべて目を通し、鎌倉佐弓が梅田印刷に戻す。 キリル文字、フランス語、中国語の文字などは、問題ない。課題は、レイアウトの原則が伝わっていなかったこと。 日本語は、これまでになく美しい。 日本の印刷技術は大きく向上しているが、世界への展開が、無いか遅れていると感じた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめて大月デンタルケアへ

2019年10月3日(木)朝、富士見市内の大月デンタルケアへ行く。歯のレントゲン、デジタル写真など、歯科衛生士に撮影してもらい、自分の歯や歯茎の状態を説明してもらう。 それまで35年お世話になった西村先生の引退に伴い、約半年後にこの歯科医院へ初めて通う。この医院の前はよく歩いて通り過ぎた。 1時間半の検査だったが、まだ第一段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会俳句コンテスト賞品の発送

第3回世界俳句協会俳句コンテストの賞状と賞品を発送する。国内の授賞者は1名以外は授賞式に出席してくださったので、この発送は、海外向け。米国、カナダ、ラトヴィア。 国内受賞者で授賞式欠席者は、賞状と賞品を取りに来てくれた。 世界俳句協会ホームページでの正式発表 http://www.worldhaiku.net/wp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演原稿を書き始める

第10回世界俳句協会大会の基調講演原稿を書き始める。 諸事繁多だったので、なかなか書くまでにいたらなかった。英語で書き始める。数日以内には書けるだろう。とくに2000年スロヴェニアのトルミンで世界俳句協会を創立して以来の、経験と知見をまとめるのは大変。 日本語では、すでに下記記事で言及した評論で書いた。これが刊行されるのは2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが家の「月面」の変化

わが家の「月面」のその後の変化。 防水塗料塗布前 防水塗料塗布後 雨が降ったり、塗料が無くなったりで、完全塗布までたどりつけないが、もう一歩。 まだ、まばらな部分があるけれど、これで一段落。   月面への一歩と月面からの一歩  夏石番矢 参照 その後の「月面」 https://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会俳句コンテスト審査開始

第3回世界俳句協会俳句コンテストの審査が始まる。まず審査員長の夏石が、日本語、英語、フランス語で作られた投句をすべて10点満点方式で採点した。6点から9点までの点数となった。 今回はじめて、アラビア語の投句があった。 ハンガリー、ポルトガル、マケドニア、イラク、米国などの他の審査員は、どういう採点をするだろうか? ここ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東京都心の弁護士へ資料

東京都心の弁護士へ、さまざまな資料をすでに送った。 その結果については、予測できないが、おいおい結果は出るだろう。   村々の臭い草むらに花火を仕掛ける  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳のお礼に揮毫エプロンなど

WHAC10アンソロジーの英訳のかなりの部分を、こなしてくれたエリック・セランドに、正式に翻訳料を支払う前に、お礼の品をいくつかプレゼントした。 その一つ。WHAC10スタッフ用のエプロンに揮毫し、落款も押した。孔雀の羽根の筆。落款は、現在夏石が持っているもののうち、最大のもの二つを使用。 自慢できるできばえではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キルギスから俳句

キルギスの詩人から俳句が送られてきた。ロシア語がメインの書き手。30冊の著書。受賞歴もすごい。 英訳か仏訳を送ってくれとメールしたら、すぐに送付してくれた。 すでに発送した「吟遊」第83号(2019年7月20日、吟遊社)の次の号第84号(2019年10月20日刊行予定、吟遊社)に掲載予定。 また『世界俳句2020 第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第83号発送済みと発売中

「吟遊」第83号(2019年7月20日、吟遊社、本体価格1000円)発送済み。また発売中。 巻頭は、吟遊・夏石番矢賞2019。受賞者は、川口信行。 発売書店 神保町の東京堂書店 http://www.tokyodo-web.co.jp/ ジュンク堂池袋本店 https://honto.jp/store/d…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10に日本ペンクラブ後援

第10回世界俳句協会大会に、日本ペンクラブが後援名義使用を許可した。 承認のさい、理事会で拍手が起きたとのこと。 参照 プログラム世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ https://banyahaiku.at.webry.info/201906/article_40.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more