テーマ:落款

娘の誕生日、婚姻届け、落款

8月3日は、娘の誕生日。婚約者T・Y君と、北関東のK氏へ婚姻届けを出して、受理されたとのこと。 私は、東京・神田の榮豐斎で依頼した落款を用意したが、取りに来ない。 親離れしたのなら、それもしかたない。   丸印押して流れ出す時間は星空  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

豪華な羊の落款と「未来より」俳句

京都の麻田有代さん経由で、羊の彫刻がつまみ部分にある豪華で巨大な落款が手に入る。それも無料で。 購入すれば100万円は下らないだろう。彫ってあるのが、私の「未来より」の一句。まず側面に「番矢」の名入りで線彫りで刻まれており、底に印としても彫られている。 これをどう使いこなすか? これが課題だった。そこで大きめの中性紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊のつまみの印材

1月25日(金)午後、京王線明大前の骨董屋に入り、羊のつまみの印材を買った。 いまもっているものより大きい円型落款が欲しいと思っていた。また私が未年生まれでもあるから、値段も安いこともあって、即座に購入した。 京都へ送って、どういう落款になるか楽しみ。   子羊抱けば泉に最後の歌が湧く   羊のつまみの落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい落款を押す

北京空港で買った翡翠の印材から作ってもらった新しい落款を初めて押す。 サインと落款の部分の拡大 押したのは、9言語版句集『砂漠の劇場』。 夏石番矢9言語句集『砂漠の劇場』ネット販売開始 http://banyahaiku.at.webry.info/201705/article_29.html 認印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新落款「番」!!!

8月、中国の北京空港で買った翡翠の印材に、「番」の字を彫るのを依頼した数寄和大津から、完成品が届く。 その印影 これを見たとき、どういう漢字が彫ってあるのかわからなかった。 やはり依頼どおり「番」の一字。大津の一流職人による彫り。 獣の爪と掌をあらわす象形字だそうだ(白川静『字統』、706ページ)。 こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新しい象牙の落款

伊丹三樹彦さんからいただいた象牙の印材を彫って、新しい落款ができた。数寄和大津に制作依頼したもの。 印影は、「石」が平たく安定感があり、全体に古拙な味わいがある。   万の影過ぎ去る座禅石の上  夏石番矢 この落款を押した書   記憶とは氷の底の象牙かな  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹三樹彦さんから印泥と印材

尼崎市在住の大先輩俳人、伊丹三樹彦さんから、ご令嬢の伊丹啓子さん代送で、印泥と印材をいただく。もう三樹彦さんは、書を書かないとか。悲しくもあり、うれしくもある。 いずれも中国製だろう。 印泥は大きい。真ん中に金箔。 2本の印材は象牙だろう。案外軽い。龍が彫ってあり、目に点睛。このかわいい目は、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more