テーマ:俳句

大阪の満月と朝日

2021年7月24日の午前3時過ぎから4時過ぎに、大阪・京橋のビルから眺めた満月の入りと日の出。 大阪湾へ沈んでゆく満月 午前3時過ぎ 生駒山系方面から昇る朝日 午前4時過ぎ  ビルから昇りビルへと沈む日と月は泥か  満月の蒙昧と朝日の峻烈の間で呼吸 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第91号購入先Amazon.co.jpのURL

「吟遊」第91号(全94ページ、2021年7月25日、吟遊社、本体価格1000円)、 の、Amazon.co.jp上の購入URL: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%90%9F%E9%81%8A%E3%80%8D%E7%AC%AC91%E5%8F%B7-%E5%A4%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

65歳最後の掛軸

66歳になる約2週間前に描いた半切が、掛軸となった。銀座鳩居堂に依頼した一幅。8月2日に引き取りにでかけた。  千の形容詞この白壁に飛来する 番矢 自宅に飾って撮影。 The Theater of the Desert 砂漠の劇場 Cyberwit.net, India, 2017 https://www…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回星の俳句コンテストリモート表彰式

今回の関西行きの第一目的は、 第2回星の俳句コンテストリモート表彰式 に出席し、選評と講評を行うこと。 7月23日(金)午後1時から、交野市星田の星田妙見宮にて。 向かって右から 宮司の佐々木久裕さん、グランプリ(夏石番矢賞)受賞の宇野萌さんと 表彰式完了後 木漏れ日を浴びて 運営スタッフを含めた関係者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪はギャグの都市 京橋

先週末、2年ぶりで首都圏を離れた。大阪2泊、神戸4泊。 濃厚接触を避け、顔の下半分をマスクで覆い、こまめに手指の消毒を行った。 大阪は京橋に宿泊。京橋で楽しい事物に遭遇。 その1 ミライザカ 私の俳句に呼応している。坂は斜面ではなく、境目。 その2 ラブホテル SOLA このセンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2書店へ「吟遊」第91号

7月30日(金)午後、ジュンク堂池袋と神田の東京堂書店で、吟遊社の二人の女性営業係が、「吟遊」第90号の引き取りと「吟遊」第91号の納品を行った。 参照 ブラジルへ『世界俳句』『空飛ぶ法王』「吟遊」発送 https://banyahaiku.at.webry.info/202107/article_30.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Amazon.co.jpへ「吟遊」第91号納品

7月29日(金)午後、関東と関西のAmazon.co.jpの出荷センターへ、「吟遊」第91号を宅配便で送付。 参照 「吟遊」第91号発送完了!!! https://banyahaiku.at.webry.info/202107/article_28.html 「吟遊」第91号校了!!! https://ba…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第91号発送完了!!!

関西から帰宅した日、鎌倉佐弓と乾佐伎によって、「吟遊」第91号(全94ページ、2021年7月25日、吟遊社)国内外のへの発送が完了していた。 書評充実の内容。日本、インド、ドイツ、フランスで出版の俳句本が対象。 裏表紙には吟遊社発行の2冊の本。Amazon.co.jpで購入可能 参照 「吟遊」第91号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西から帰宅

7月28日(水)午後関西から帰宅。疲れてはいるものの、収穫特大!!!  特大の雲と記憶を引き連れ帰宅 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西へのおみやげ

月末の関西への旅のおみやげに、首都圏の和菓子、洋菓子は持ってゆけない。はるかに、関西のもののほうが、おいしくレベルが高いから。 そこで、墨、岩絵の具、さまざまな紙製品を使って、おみやげを作成した。 使用した筆の一部の写真。 作成したおみやげの一部。 しびれた右手を鞭打つ筆から生まれる銀河 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリル文字の落款

キリル文字でBan'yaと書けば、 となる。「'」などの部分の表記には、スラブ諸語間で、若干の相違がある。 このキリル文字の筆記体で、落款制作を、大津のご高齢の職人さんに依頼し、現在制作進行中。 できあがりが楽しみ。  キリル文字で俳号を彫る泉が湧く 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回星の俳句コンテスト リモート表彰式

第2回星の俳句コンテスト リモート表彰式 7月23日(金)午後1時からライブ配信 https://www.youtube.com/channel/UCja03YE0P4CFL0VJNy-vzgw https://ktpj-hoshinohaiku.jimdofree.com/ 参照 第二回星の俳句コンテスト全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見69 星の窓

自宅付近の夜の散歩中、楽しい窓を見つける。 最初は、傷んだカーテンかと見たが、引っ越し直後の家。ガラスに何か塗ってある。 それで、室内からも戸外からも「星空」が楽しめる。  星充満の一室私はワイングラス 夏石番矢 参照 散歩の小発見68 副島種臣の書 https://banyahaiku.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪だくみ

悪だくみは、どさくさに紛れて行われる。どさくさにごまかされる人が多いからだ。あるいは、どさくさのさなか、悪だくみを行う人たちの悪意に、いわゆる善人の善意が押し切られるからだ。 改革と称する改悪に、ごまかされる人々。押し切られる人々。 いわゆる善人は、役に立たない。  天国を描けない君たちの白い絵の具 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見68 副島種臣の書

ときどき出向く東京・神田淡路町の岩絵の具屋さん、得應軒本店の扁額の書が、副島種臣(そえじま・たねおみ)の手になるものと、ようやくわかった。 向かって右から左に、 蒙恬後身 と書かれている。一見渋い金箔張りのように見えて、絹の布地。なかなかの逸品。時価いくらだろうか? 明治時代の偉人、佐賀出身の副島種臣は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌うお父さん

毎週一回、泣き叫ぶ自分の子供をあやすために歌う父親の声を、ある場所で聴いている。 声だけを聴いている。やさしくゆっくりとしたリズミカルな声。 歌は「おもちゃのチャチャチャ」が多い。野坂昭如作詞。この人とは、1991年夏(?)、和歌山県新宮市の中上健次主宰「熊野大学」で連句を巻いた際にお話をした思い出があり、この歌の印税が入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手元にある俳画色紙

今年、色紙に描き、手元に残った俳画。 ドキドキしながらも、自作俳句をどう料理するかを楽しんだ。描くだけではなく、貼り得したり、スプレーを使ったりした。 墨書した俳句は、句集『メトロポリティック』(1985年)、『楽浪』(1992年)、『巨石巨木学』(1995年)、『漂流』(2001年)、『連句 虚空を貫き』(2007…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊・夏石番矢賞2021発表

「吟遊」第91号(2021年7月25日、吟遊社)で発表の 吟遊・夏石番矢賞2021 のホームページ版発表。 受賞者は、那覇市在住の、金城けいさん。 https://ginyu-haiku.com/ginyu-banya-natsuishi-prize-2021/ 動画版は。 YouTube htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

置いてきぼりの20代

COVID-19は、変異種による第五波が日本でも始まった。 現在、感染者は男女とも20代が最も多い。治療薬はない。ワクチン接種の予約も、20代にはできない。 置いてきぼり状態。これが日本の政治の「成果」。これでいいのだろうか?  沖から火山灰 ウイルスのクレーターに若者 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンが効く確率

COVID-19に対するワクチンに限らず、有効性の確率とは何だろう。 99%有効だとしても、自分がその99%に入るとは限らない。 平均的な個人には、ワクチンは有効だろう。特殊な個人には無効だろう。 ウイルスに対して、本当に対抗できるのは、個人の免疫力か、治療薬。 それにしても、PH社のやり方は、えげつない。そのえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニ滝屏風2曲

滝を詠んだ自作俳句5句を墨書した、ミニ屏風2曲作成。 1 三つ頭 2 四つ頭 3 二曲並べる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台所の床ペイント

自宅台所の床をペイントした。 かつては、簡単な拭き掃除とワックスがけですんだけれど、全体に黒ずみ汚くなった。 そこで、外部の木部保護塗料のパインを塗った。上の写真はその結果。 火の下、水の下が、汚れていた。  火の下水の下を走る鏡 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平川祐弘先生卒寿祝賀俳画セット

7月11日は、東大名誉教授、平川祐弘先生90歳のお誕生日。私の『空飛ぶ法王』俳句をいち早く認めてくださった先生にお祝いと感謝の意を表わす手作り俳画セットをお贈りした。 素人の手製なのでいびつな部分などあるのはご寛恕願って、気は心。3月から制作を続けた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『人体オペラ』救急セット

遊び心を出して、句集『人体オペラ』(1990年)の2句を墨書した俳画を貼った、救急セットを作ってみた。 ケース表 内部 ピンセット、鋏、耳かきなどの中身は、取り出した。 和紙の貼り付けに苦労した。常識破りな方法で接着。 ブラックユーモアの2句を、こういうふうに作品化した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第91号校了!!!

7月9日(金)午後、私の出講中に、「吟遊」第91号(2021年7月25日刊行予定、92ページ、吟遊社)が校了となった。 参照 「吟遊」第91号再校完了!!! https://banyahaiku.at.webry.info/202107/article_9.html 「吟遊」第91号初校校正中 https:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汗とスマホ脳とオンライン授業

7月9日(金)、湿度78%。出講先まで移動すると、下着が汗にひたる。着替えとタオルを持って行った。 出講先で、スマホ脳とオンライン授業の「成果」を知った。二極分解。 できる学生がいるのが救い。 下着を汗が黄泉の国へと押し流す 金髪とピアス付着の脳をゆすれば鈴の音 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「未来より」KADOKAWA以外にOK

私の「未来より」俳句をクローズアップした国語の高校入試問題を、福島の公立高校が2019年度に出題してくれた。 そのおかげで、数十の受験参考書にその問題が収録されようとしている。作者への掲載許可にほとんど同意した。 例外がある。KADOKAWA。このゴミ組織には、きっぱりとお断りした。 その理由は、この組織は日本の詩歌を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more