夜の散歩とデジカメ写真

数日前の8月24日(土)、涼風が吹く夜、2時間ほど近隣を散歩。 2台目のデジカメは、まだ使い方がよくわからないけれど、夜景が昼間のように写るのに驚く。このデジカメ、加曾利貝塚で一度落としたので、どうなることかとひやひやしながら、使っている。 その成果。 狭い道端で見かけた、かつての川越街道沿いの大井宿の祭りの飾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10アンソロジーの序文日英版と初校校正

第10回世界俳句協会大会のためのアンソロジーの本文初校校正を終え、日英版の序文を整える。 このアンソロジーは、18か国15言語50人415句収録(うち7篇の自由短詩を含む)。 残るは、大会の基調講演書き。これには、馬力が必要。 参照 プログラム世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ http…
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会俳句コンテスト表彰状

第3回世界俳句協会俳句コンテストの表彰状に、受賞者の名前を書き込む。そのうちの1枚は、少し汚れがあったので書き直す。 賞状は、日本語版と英語版でセット。 日本語版賞状の楷書は、基本だからこそ、一番むずかしい。自己評価は70点ぐらい。 第1位から第3位の受賞俳句は、どれもすばらしい。第3位は、カナダの代表的詩人。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あおり運転」過剰報道の意図

TVを見ないので、TVを見ている人が、「あおり運転」を話題にし、ふだん冷静な人が、異様に攻撃的、暴力的になっているのに驚く。 「あおり運転」過剰報道は、何かをあおっている。そう、日韓戦争を誘導している。   あおれば火を噴く島々血を流す人  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会俳句コンテスト結果決定

第3回世界俳句協会俳句コンテストへの投句の審査が終わり、結果が決定した。 2019年9月15日(日)午後、東京・神田の学士会館202で開催の、 創立20周年記念第10回世界俳句協会大会 世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ https://banyahaiku.at.webry.info/201906/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫が通った!!!

補修したブロック塀の上を猫が通った!!! 素早く過ぎ去ったので、写真は撮影できなかった。 茂った八つ手の葉がふさぎ、ところどころ先端が細くなっているブロック塀だから、猫は通れなかった。 私のDIYは、ブロック塀の保全のためであり、猫のためでもあった。めでたし、めでたし。   この細道を猫が通れば雨が降る  夏石番矢  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10海外からの参加者への在職証明書

盆明け早々、第10回世界俳句協会大会に海外から参加する俳句詩人のVISA取得のため、勤務先のM大学人事課へ出向き、在職証明書を出してもらう。担当者は美人。 その他雑事があり、基調講演の原稿を書くモードに、なかなか入れない。 参照 プログラム世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ https://banya…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏庭補修

わが家の狭い裏庭の手入れをした。 お化けのように茂っていた八つ手を刈り込んだ。 隣のアパートとの境界のブロック塀を補修した。 1988年秋に、この敷地のこの家に引っ越してきたが、かつて境界争いがあったことを物語るように、ブロック塀が入り組んでいる。   誰かの強欲詰められている壁の穴  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーラカンスのマスコット

娘夫婦が、沼津へ新婚旅行。 そのおみやげに、シーラカンスのマスコットをもらう。 シーラカンスは、淳心学院高校生時代、「生きている化石」という散文を、国語の教科書で習った記憶がある。1970年代だろうか。 このマスコットは、妻の衣装ケースに飾る。   シーラカンスに無視されている新婚夫婦   驚けばシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月刊誌の終焉

ある読書家の人と話をしていて、講談社発行の、 「現代」 が廃刊になっていたことを知る。1992年7月号に随想「韓(から)のほそみち」を寄稿したことがある。 会話はさらに続き、「もう月刊誌は終わっていますね」と相手が言う。私は「週刊誌も終わっていますね」と続ける。 これは大不況の日本の出版界の変化と変質の表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月14日の満月

2019年8月14日(水)の満月。今月と来月は、日付と月の満ち欠けがほぼ一致する。つまり15日前後が満月。 大型の台風10号の影響を受けながらも、やはり美しい。地上の人間の愚かさをひととき忘れる。   満月や嘘をつかない人は誰  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓じまい

お盆のころとなった。先月、故郷の兵庫県相生市の相生墓園の乾家の墓を、廃棄した。これにあたってくれた姉たちは、「墓じまい」と呼んでいる。 両親が存命中は、暑い夏に帰省し、山の中腹にある墓へ、徒歩もしくは車で参ったものだ。そして、汗びっしょりになって草抜き。 相生での墓参 http://banyahaiku.at.webry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会俳句コンテスト審査開始

第3回世界俳句協会俳句コンテストの審査が始まる。まず審査員長の夏石が、日本語、英語、フランス語で作られた投句をすべて10点満点方式で採点した。6点から9点までの点数となった。 今回はじめて、アラビア語の投句があった。 ハンガリー、ポルトガル、マケドニア、イラク、米国などの他の審査員は、どういう採点をするだろうか? ここ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

加曾利貝塚をはじめて訪れる

2019年8月11日(日)、早朝に目覚めたので、ずっと訪れたいと願っていた加曾利貝塚をはじめて訪れる。千葉市にある。 到着は、午前9時過ぎ。ボランティア団体ガイドの会のY氏の説明を聞きながら、また私も質問しながら、約3時間、この縄文時代中期以降の遺跡を巡る。暑いが、ときおり風が吹く。信念を持つY氏に敬意を抱く。 …
コメント:0

続きを読むread more

稲の花を見た

2019年8月9日(金)正午すぎ、富士見市の某所で、稲の花を見た。これも何年ぶりかわからないほど、ひさしぶりのこと。 18歳まで住んでいた郷里の相生市の水田とは違うが、その間を縫うあぜ道を歩いていると、やはり思い出すことがある。郷里では、稲の花は9月ごろに咲いていて、夏の暑さが過ぎ去り、涼しさが漂っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバンのジッパーの取っ手

常用のカバンのジッパーの取っ手が壊れた。修理に出して約10日でご帰還。ついでに他のほころびも修理してくれた。ありがたい。鶴瀬駅フェスタ1Fの修理専門店の仕事。 取っ手の4つのうち、1つだけ違うけど、これも風流と受け取ろう!   四つ目の河馬の一つ目はいつも真昼  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒いフェルトの下敷き

第10回世界俳句協会大会の9月15日(日)のフィナーレの墨書パフォーマンスのため、黒いフェルト製の下敷きを、東京・神田の書道品店榮豐齋で買う。これは私費で。なかなか立派なフェルト。   黒羊さらに暗黒を呼び込む  夏石番矢 参照 プログラム世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ https://b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人差し指に目一つ

右手の人差し指に、目のようなものが一つできた。 PCの使いすぎ? いいえ、ある作業をしたため。少し痛い。いずれにしても休養が必要。 一つ目は、北欧神話、ギリシャのサイクロプス、日本の天目一箇(あめのまひとつ)などにつながる。フリーメーソンで知られる、西洋のプロヴィデンスの目と呼ばれるものは、これらより新しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10アンソロジー本体部分編集・翻訳完了!!!

第10回世界俳句協会大会のためのアンソロジーの本体部分の編集・翻訳とが完了した。合計18か国の俳句詩人と俳句翻訳者50人の416句収録。疲れているので、言語数は数えられない。初校が出た段階で数えられるだろう。 自画自賛を超えて、歴史に残る、いや歴史を動かす出版物となる。 これでようやく、私の眠りが深くなる。 …
コメント:0

続きを読むread more

翻訳のお礼に揮毫エプロンなど

WHAC10アンソロジーの英訳のかなりの部分を、こなしてくれたエリック・セランドに、正式に翻訳料を支払う前に、お礼の品をいくつかプレゼントした。 その一つ。WHAC10スタッフ用のエプロンに揮毫し、落款も押した。孔雀の羽根の筆。落款は、現在夏石が持っているもののうち、最大のもの二つを使用。 自慢できるできばえではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの出版社にWHAC10ポスター

北インドのアラハバッドにある出版社、Cyberwit.net社の事務所に、第10回世界俳句協会大会の世界俳句協会大会ポスターが貼られている。 参照 プログラム世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ https://banyahaiku.at.webry.info/201906/artic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治大学広報2019年8月号に『世界俳句2019 第15号』評

明治大学広報2019年8月号(No. 730、2019年8月1日、学校法人明治大学)13ページに、 夏石番矢・世界俳句協会編『世界俳句2019 第15号』(コールサック社、本体価格1500円、2019年3月31日)評掲載。 評者の田中ひかる教授は、ユダヤ史、アナーキズム研究者。ドイツ語、英語など、数言語できる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の誕生日、婚姻届け、落款

8月3日は、娘の誕生日。婚約者T・Y君と、北関東のK氏へ婚姻届けを出して、受理されたとのこと。 私は、東京・神田の榮豐斎で依頼した落款を用意したが、取りに来ない。 親離れしたのなら、それもしかたない。   丸印押して流れ出す時間は星空  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本ペンクラブ会員証

日本ペンクラブの会員になったので、会員証が送られてきた。忙しくて、疲れていたときに、夏石番矢の欧文表記を訂正できなかった。何事も冷静さが必要ながら、そうできないときがある。 Banyaではなくて、Ban'yaの名前で、米国、インド、フランスなどで句集を出版している。 インドの出版社のサイト Ban'ya Natsu…
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10アンソロジー編集・翻訳大詰め

第10回世界俳句協会大会アンソロジーの編集・翻訳ほぼ完了。 この仕事の大変さは、やってみないとわからない。ほんとうは休息したいが、もう少しやらなければならない。 しかし、歴史に残る、そして歴史を動かす出版物なので、すべてに優先させている。 参照 WHAC10クラウドファンディング https://ban…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回星の俳句コンテスト開催へ

第1回星の俳句コンテスト大成功と大好評により、来年もバージョンアップして開催へ。主催者やボランティアの方々がいい。投句もいい。 私もある提案をしてみた。   てのひらの星屑は甘いか苦いか  夏石番矢 第1回星の俳句コンテスト入選作の講評記事に、佳作の追加アップをすませた。 第一回星の俳句コンテスト講評 入選作…
コメント:0

続きを読むread more

スイカがおいしい季節に

8月1日は亡父の誕生日。今年は、ようやく西瓜がおいしく食べられる気候になった。 葛飾北斎の西瓜の七夕の絵に、北斗七星が隠されている。 しかし、ベトナムでは、西瓜は旧正月(テト)の食べ物。スイカの起源伝説もある。   星も泉も出てくる出てくる西瓜西瓜  夏石番矢   
コメント:0

続きを読むread more

web採点完了

M大学H学部の担当科目すべてweb採点完了。レポートは、受講生の人間性が出ていた。かつては私をうならせるレポートがあったが、それはなかった。 採点の入力は、わりあい楽だが、目に悪い。 ところで、教員のトップ、M大学H学部長村上一博氏を採点すると、不合格。不適格。教授会は毎回混乱。くたびれる。 日本は、指導者選びが悪い国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会コンテスト日英版賞状と大物投句者

第3回世界俳句協会コンテストの上位3名に対する、和文賞状と英文賞状を書いた。2枚で1セット。 まだ受賞者は、決まっていないので、その名前は書いていない。WHAの新しい印も使用。 また、カナダ、ラトヴィアの大物詩人から投句があった。 誰が入賞するか予測がつかない。締め切りは、7月30日。 参照 第3回…
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10エプロン

第10回世界俳句協会大会スタッフ用のエプロンができる。 身近な人に着用してもらった。 窓の内側に掛けてみた。 「未来より」俳句を墨書してみた。落款も押せた。ロゴマークのデザイナー、清水国治さんへのプレゼント。 参照 WHAC10スタッフ用エプロン https://banyahaiku.at.w…
コメント:0

続きを読むread more

憲法を議論する前に日本語を学習しろ!!!

完全無欠な憲法や法律など存在しない。 したがって、適切な「改正」はすべきである。 しかし、日本国憲法が、敗戦後の日本で粗雑な英語から生まれたとしても、適切な改正をするには、日本語が十分理解でき、知能指数もそれなりな人間でないと、「改正」は「改悪」になる。 現在の日本に、そういう人材がいるとは思われない。   犬の…
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10実行委員会会合

2019年7月21日(日)午後3時から6時まで新宿の戸山パイラスクラブで、第10回世界俳句協会大会実行委員会会合が開かれた。 当日の役割分担などへ議論が進んだ。受付の人員確保が最重要課題。 参照 プログラム世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ https://banyahaiku.at.…
コメント:0

続きを読むread more

文學の森と「俳句界」へ絶縁状

「俳句界」でくだらないTV番組の特集をやっていた。また、第10回世界俳句協会大会の後援名義を出しておきながら、まともな扱いをしなかった。 50句の依頼をこの大変な時期にしてきた。見せかけではない国際イベント運営の苦労が理解できないのだろう。日本は、世界のなかのガラパゴスになってしまっている。 また、「俳句界」という雑誌の誌面…
コメント:0

続きを読むread more

キルギスから俳句

キルギスの詩人から俳句が送られてきた。ロシア語がメインの書き手。30冊の著書。受賞歴もすごい。 英訳か仏訳を送ってくれとメールしたら、すぐに送付してくれた。 すでに発送した「吟遊」第83号(2019年7月20日、吟遊社)の次の号第84号(2019年10月20日刊行予定、吟遊社)に掲載予定。 また『世界俳句2020 第1…
コメント:0

続きを読むread more

web採点

web採点を始めて行った。それほどむずかしくなかった。 しかし、すべてをサイバー化することに危惧を抱く。 磁気嵐が起きたらどうなるか? 停電が起きたらどうなるか? 採点した科目の受講者は、いまのところいい成績。
コメント:0

続きを読むread more

10年ぶりの通天閣

2019年7月7日(日)夜、星田妙見宮七夕祭参加を終えて、JR星田から通天閣へ向かう。場所がよくわからないので、鶴橋まで来てタクシーで西へ。 七夕祭りに、第1回星の俳句コンテスト入賞者の高校生の教え子とともに、表彰式に出席してくれた今野和代さんのお誘い。 10年前に通天閣真下の店、今野さんが開いた詩と俳句の朗読「声の架橋」の…
コメント:0

続きを読むread more

一日弱の絶食

2019年7月16日(火)午後9時から、翌17日(水)午後3時過ぎごろまで、絶食。 手術後1年の内視鏡検査のため。 たしかに体重は落ちる。空腹感に耐えねばならない。 さらに下剤を17日から2リットル飲むので、これと排便が苦痛。   苦痛と共寝はらわたの壁美化のため  夏石番矢 …
コメント:0

続きを読むread more