カミュの墓

カミュの『ペスト』を読んでいる間、かつてカミュの墓を訪れて、写真を撮影していることを思い出したものの、どのアルバムにしまったか忘れていた。家じゅうのアルバムをめくって、ようやくその1枚を探し出した。 南仏ヴォークリューズ県ルールマランの墓地。1996年12月1日に訪れている。在外研究中、エクサン・プロヴァンス在住の日本学者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルベール・カミュ『ペスト』通読

新型コロナウイルス感染蔓延とともに、また読まれ出しているのが、ノーベル文学賞を受賞した、アルジェリア生まれのフランス文学者アルベール・カミュの小説『ペスト』(1947年)。これを和訳で始めて通読した。 アルベール・カミュ『世界文学全集39 異邦人・ペスト・転落・誤解』(新潮社、1960年) 『ペスト』は宮崎峯雄訳。当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガル語短歌集

ポルトガルの詩人カジミーロ・ド・ブリトー氏から、ポルトガル語の短歌集が届いた。 NUDEZ LUMINOSA (Ediotora Licorne, Cetral Africa, 2020) タイトルは、日本語では『かがやく裸』。エロチックな5行詩短歌144篇収録。ポルトガル語で短歌集を出版したのは、自分がはじめてだと…
コメント:0

続きを読むread more

倉橋健一『人がたり外伝 大阪人物往来』

倉橋健一さんから新著『人がたり外伝 大阪人物往来』(澪標、本体価格2000円)をいただく。季刊タウン誌「おおさかの街」(発行・主筆:斎藤浩)に、1992年から休刊の2009年にかけて連載した、文学者を中心とする文化人と大阪とのかかわりを書いた43篇のエッセイをまとめた一冊。 短い文章ながら、各文化人の作品、活動、生活に及ぼす大阪の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴瀬公民館から講演依頼

富士見市立鶴瀬公民館から、10月の講演依頼があり、承諾する。 詳細は未定。講演内容は山頭火と世界俳句。 感染者が市内から1人でてしまったが、10月には新型コロナウイルス蔓延も収束しているはず。東京オリンピックも無事開催されているだろうか? 安倍政権も終わっていてほしい。   大馬鹿と小さな王冠秋には消えろ  夏石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣類乾燥機壊れる

自宅の衣類乾燥機壊れる。妻が入院した1996年に初めて購入し、いま壊れたのは2台目。修理しながらも2台で24年間、1台平均では12年間しかもたなかったことになる。 PCは2000年に初めて購入し、Windows Me、Wundows XP、 Windows 7、Windows 10と、Macも2種類、20年間で6種類、20台ちかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに富士見市から新型コロナウイルス感染者

2020年3月8日(日)、ついに地元富士見市から新型コロナウイルス感染者が出る。40代の男性、東京に勤務。 感染源は、北海道らしい。2月26日から1泊で札幌にでかける 。 新型コロナウイルスに関連した患者の発生について http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0…
コメント:0

続きを読むread more

教科書注文書を投函

2020年度のM大学H学部の授業2コマのため、教科書注文書を三省堂書店の担当係へ郵送する。 昨年度は、郵便事故でも起きたのか、この注文書が届かず、学期初めに少し困った。今年は無事届いたとのメールを受信。 今回注文書に教科書を指定した2コマ以外は、コピー配布。 新型コロナウイルス肺炎蔓延が、4月の学期初めに収束に向かって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強風の日

2020年3月5日(木)、晴天ながら強風の一日。妻が娘夫婦あてにMade in Chinaのマスク1箱を宅配便で送る。品薄になっているマスクは、感染防止にはほとんど効果がない。 写真では伝わらないが、書斎の窓から見える電線の揺れが激しい。 恐ろしい音を立てて吹くこの風で、あちこちで電車が運行停止。   この嵐小…
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』校了!!!

2020年3月4日(水)、『世界俳句2020 第16号』(全240ページ、吟遊社、2020年3月下旬刊行予定、本体価格1500円)校了となった。印刷開始。3月末刊行と会員への発送予定。 参照 『世界俳句2020 第16号』最終校チェック https://banyahaiku.at.webry.info/202003…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスの特徴と感染についての理解

日本の国政トップの大馬鹿ぶりはさておいて、日本人に新型コロナウイルスの特徴、感性経路のついての知見が生まれつつある。私が寝ずにネットのニュースを追いかけてえられた状況認識。これは喜ばしいことだ。歴史上、いかなる災厄も困難も、解決方法がある。 1 中国で発生したのち、中国人から直接あるいは間接的に感染した日本の軽症感染者から新型コロ…
コメント:0

続きを読むread more

ボストン在住元医学研究者T・T氏からの新型コロナウイルス肺炎情報 

ボストン在住の元医学研究者T・T氏からの新型コロナウイルス肺炎についての情報。ここ数日の彼からのメールが情報源。T・T氏とは中学・高校の同期生の間柄。 1 新型コロナウイルスの発生源 これは生物兵器ではなくて、野生動物。世界的に権威のある医学誌The Lancetに2020年2月18日付けで研究者たちが共同声明を発表している。そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』最終校チェック

『世界俳句2020 第16号』(全240ページ、吟遊社、2020年3月下旬刊行予定、本体価格1500円)の最終校をチェックした。まだ5ページ分にミスがあったが、3月5日印刷開始の予定は大丈夫だろう。 梅田印刷の担当者I・Uさんが頑張ってくれた。英文チェックも英米の会員が手伝ってくれた。 参照 『世界俳句2020…
コメント:0

続きを読むread more

灰色の21世紀

習近平の来日が延期された。これも日本サイドが先手を打てなかった。愚者を国のトップにいただくとどうなるか、日本はこれからさらに思い知ることになるだろう。 日本はすぐれた人材をリーダーに置けない国だ。島国というぬるま湯で、何も知らずに、何も考えずに、愚者を組織のトップにお飾りに置いて、平穏に生きてゆけると、まだ国民が信じている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅の一斉換気

昨年から自宅の窓やサッシをあまり開けていない。また、布団に入って読書し、よく眠った。閏日の2月29日(土)朝、妻が1階の部屋すべて、午前中に私が2階の部屋すべての窓やサッシを10分ほど開け放つ。 まだ寒いが、外の光は春を思わせる。日本を含め世界中で、新型コロナウイルス肺炎感染が進行しているとはとても思えないのどかさ。しかし、散歩に…
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三という運転手は猿以下

安倍晋三は人間なのか。新型コロナウイルス肺炎対策は、滅茶苦茶。そして「休校」を「休業」と言い違えるとは…… 日本語ができない、まともな思考能力がない猿以下の安倍晋三が運転手である日本という電車は、脱線、転覆の危機に!!! しかし、国民によって選挙で承認されている政権なのだから、これからの災厄は国民にとって自業自得。恐ろしや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能とウイルス

2011年の福島原発事故と新型コロナウイルス肺炎の類似を指摘するSNSがあるが、違いのほうが大きい。 相違点 1 菅直人首相(当時)と福島第一原発吉田昌郎所長(当時、2013年死去)の判断、とくに吉田所長の命がけの行動で、首都圏は最悪の事態を回避できた。現在の安倍晋三首相の対処は、後手後手。海外からも顰蹙を買っている。中国の対策…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』再校返却

『世界俳句2020 第16号』(全240ページ、吟遊社、2020年3月中旬刊行予定、本体価格1500円)の再校完了。梅田印刷へ返却。 英語のネイティブチェックも、人によって直し方が違うのを調整。フランス語の文法ミスも私が判断して直す。ハンガリー語は、書式が不統一なワード文書だったのをおっかなびっくり書式を統一したワード文書にして入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャバ茶と杜仲茶

血液中の中性脂肪の数値を下げるため、ギャバ茶と杜仲茶を購入し飲み始めた。どちらも、カフェインは入っていない。 ギャバ茶 杜仲茶 ギャバ茶は粉末をお湯に溶かす。杜仲茶はティーバッグ。ギャバ茶はやや苦い。杜仲茶にやや甘みがある。あまりおいしいお茶ではない。 それぞれ一日に湯呑みで数杯飲むと、食欲が落ちる。せい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス肺炎の影響

新型コロナウイルス肺炎の影響が具体的に出た。いまのところさいわいに、身近に感染者がいるというわけではない。 今週予定されていたM大学H学部の恒例の行事が中止となった。3月末武道館で開催予定の卒業式も中止になるのではないだろうか? 感染者が北海道から沖縄まで、日本全国で増加中。どこまで被害が広がるのだろうか……   ミク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芳賀徹東大名誉教授の訃報

芳賀徹東大名誉教授がさる2月20日(金)に亡くなった。胆嚢癌とのこと。 昨年2月は、この方のおかげで、勤務先のM大学に辞表を出して、パリ開催のクローデル『百扇帖』シンポに出席した。私も手術後7か月で、体調万全ではなかった。シンポでは、司会を務めたこの方の言動は、まさしく滅茶苦茶で、「国辱」ものだった。 東大名誉教授であろうが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

天ぷら会食以来の危機管理能力欠如

新型コロナウイルス肺炎は、どこまで感染と発症が広がってゆくのか、予想ができない。 日本でも死者が出た。まだウイルスは拡散と増殖の途中であり、ピークはこれからだろう。 初期対応が、まず中国で遅れた。日本の対応も、とても鈍い。官僚からも感染者が出た。 安倍政権の危機管理能力欠如は、2014年2月のソチ五輪のときの、日本での豪雪対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旺文社の高校入試過去問集への掲載許可

旺文社が2020年6月に6500部出版する、 『2021-22年受験用 全国高校入試問題正解 分野別過去問 国語』 への自作、   未来より滝を吹き割る風来たる 掲載許可書に、署名捺印して返送した。 2019年春の福島県の公立高校の国語の問題に出された俳句。同時に掲載される他府県の俳句に関する問題は、はっき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

触覚の予知夢?

2週間ぐらい前だったか、ガラスの細かい破片に触れて、それらの破片が自分の皮膚のあちこちに刺さって、ザラザラになった夢を見た。そして、刺さった細かいガラスの破片を抜き取りたくても抜き取れない。奇妙な夢だった。なぜこんな夢を見たのか、見当がつかなかった。意味のない夢と思っていた。 ところが、このザラザラの手触りを自分のからだに感じる事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夢に画集とそれから

2月20日(木)早朝夢を見る。 若い在日女性(?)で外国文学者の画集を見て、私が批評している。 基本的に明るい絵。しかし、「チクタク」という爆弾テロを暗示する絵もある。 そのうち、私自身が絵を描き始める。 のびのびと自由自在に線が変化する明るい抽象画。 昨年はたくさん絵を描いたが、今年はまだ気力が出ない。で…
コメント:0

続きを読むread more

中国は新型ウイルス生産国か?

21世紀になって中国が世界第2位の国にのし上がった、という評価が聞かれるようになった。 日本へも、爆買いに中国人が押し寄せる。 海外へ出ても、日本人観光客はほとんど見かけられず、中国人が団体でわがもの顔で闊歩している。下品な田舎者集団がいる場所は、雰囲気が悪い。 世界各国にスパイを送り込んで、さまざまな工作を行っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏庭に紅梅咲く

これまで何を植えても消えていた裏庭の隅(北東部)、これはわが家の鬼門にあたるが、昨年植えた紅梅がいつのまにか咲いた。 開花前 開花 梅の木が根付いて、これから毎年寒い中、咲いてほしい。   紅梅が鬼追い払う一軒家   紅梅の紅奪うほど恋をする  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』校正始まる

『世界俳句2020 第16号』(吟遊社、2020年3月中旬刊行予定、本体価格1500円)の全ページの校正始まる。 参照 『世界俳句2020 第16号』目次など入稿 https://banyahaiku.at.webry.info/202002/article_12.html 『世界俳句2020 第16…
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャからのオリンピック俳句和訳の重要性

ギリシャからのオリンピック俳句 https://banyahaiku.at.webry.info/202002/article_11.html の夏石による和訳が、ギリシャで3月から始まるオリンピック関連のイベントに使われる。ギリシャではオリンピックと俳句が文化イベントとして結び付く。俳句は、現代ギリシャ語、英語、日本語で展示さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハート型のチョコレート

2月14日(金)は、毎年勤務先のM大学の㊙業務。朝の東武東上線の電車は以前より混んでいた。 帰宅すると、買い物に出かけた妻がバレンタインデーのチョコレートをテーブルに置いていた。 ベルギー王室御用達のピエール・マルコリーニのハート型チョコ5個入り。すべてクール・チョコ。名称から「クール」を外して列挙してみる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立ハンガリー文化基金の雑誌「PARNASSZUS」に俳句掲載

昨年9月開催の創立20周年記念第10回世界俳句協会大会でいただいた、国立ハンガリー文化基金発行の雑誌「PARNASSZUS」第25巻第2号(2019年夏)に、夏石番矢の略歴とハンガリー語訳俳句が掲載されていた。 この略歴執筆とハンガリー語訳をしてくださったユディット・ヴィハルさんから手渡されたままにしていて、自分のページがあるのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャからのオリンピック俳句

日本では新型肺炎流行で、東京オリンピック中止かという憶測が飛び交っているが、オリンピックの発祥地ギリシャではすでにオリンピック関連行事が始まっている。その国の女性詩人からオリンピック俳句が2句届く。 Zoe Savina / ゾイ・サヴィナ 1 στην Ολυμπία αρχαίος και νέος κόσμος …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』目次など入稿

『世界俳句2020 第16号』(吟遊社、2020年3月中旬刊行予定、本体価格1500円)の和文と英文の目次を作成し、入稿した。「俳句」と「Haiku」の章の186名の作者名一覧作成が大変な作業。日本会員のS・KさんとS・Iさんに手伝ってもらった。 表2と表3、挟み込み用紙のデータも。 来週初めに、初校が出るのを待つのみ。 …
コメント:0

続きを読むread more

TV という他人の時間

新宿に一泊した夜、ひさしぶりでTVを観た。 鮮明な画面が、タレントの老いを明瞭にかつ容赦なく伝える。武田鉄矢はすでに70歳。そういう私も64歳。 「ぽつんと一軒家」という番組は、二〇一八年夏に入院していたときによく観た。今回も観る。集落から離れた山中の一軒家をスタッフが訪れる企画。住んでいるのは、たいていは配偶者を亡くした老…
コメント:0

続きを読むread more

自宅まで500円

1年で一番いやな仕事を終えて帰宅。仕事の内容は書けない。この仕事に出かける前夜、新宿で初めて一泊。夕食は小田急百貨店の地下で買って、ホテルで一人食べる。短いながらも眠れた。 早朝からの仕事を終えて夕方帰宅。鶴瀬駅からタクシーで自宅へ。この2月から初乗り運賃が740円から500円に。ほとんどの物価が上がっているのに、明確な値下げ。自…
コメント:1

続きを読むread more

はじめて新宿に泊まる

東京・新宿で明け方まで飲んで、タクシーで帰宅した経験はあるが、泊った経験はない。M大学業務の早朝出勤に備えて、はじめて新宿駅近くのホテルに1泊することになった。東武東上線の朝の超ラッシュを避けるため。 そう言えば、東京のホテルは、1974年大学受験のさいの東銀座がはじめてで、その後はお茶の水近辺しか泊ったことはない。 巨大な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻臭消える

幻臭が消えた。約2週間続いたが、日々よく眠って、この現象は終わる。しかし、寒い日々が続く。 寝る前に食べたポンカンのかおりで目覚めることも。  柑橘系のかおりで目覚める零下の家  油の幻臭が消えた芯まで冷えたからだ  夏石番矢 参照 また幻臭 https://banyahaiku.at.webry.inf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパで最初の日本学の教授

誰がヨーロッパの大学で日本学の教授かについて、確認する必要が生じた。結論は、ハンガリーの日本学の第一人者、ユディット・ヴィハル教授の下記の見解に拠ることにした。私へのメールでの返答。 the first was Johann Joseph Hoffmann (1805-1878), he wrote Japanese Dicti…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『犬 50俳句』一句揮毫落款入り本

ハンガリーで昨年末に出版された画家エーヴァ・パーパイとの共著『犬 50俳句」(Balassi Kiadó, Budapest, Hungary, 2019)が、あるルートで1冊売れてしまう。一句揮毫落款入り本として郵送する。 寄贈はまだ妻と娘だけ。版元は在庫切れ。私の手元にある90冊ばかりをどうしようか考えている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』本文入稿完了!!!

『世界俳句2020 第16号』(吟遊社、2020年3月中旬刊行予定、本体価格1500円)本文の入稿を完了した。ここまで来るのに、昨秋から大変だったが、なんとか乗り切った。 俳句は、最終的に、 46か国34言語168人503俳句 503 Haiku in 34 Languages by 168 Poets from 46 C…
コメント:0

続きを読むread more

叫ぶ夢

『世界俳句2020 第16号』入稿は、「創立20周年記念第10回世界俳句協会大会レポート」英訳の完成を待つのみとなった。 ベトナムや東欧からの俳句の英訳も私が直せるところは、直したし、その他の英訳必要なところも、一人で英訳した。それらの英訳のネイティブチェックも米英の4人(そのうち1人は人格が変で使い物にならなかった)にやってもら…
コメント:0

続きを読むread more

その後の紅薔薇

妻への誕生日プレゼントの紅薔薇のその後。やはり薔薇は一輪でも、華麗で存在感がある。   紅薔薇は星の王子へ向いて満開     紅薔薇の両翼全開その静謐  夏石番矢   参照 妻の誕生日祝いの花 https://banyahaiku.at.webry.info/202001/article_26.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』大半の入稿

夏石番矢 世界俳句協会編『世界俳句2020 第16号』(吟遊社、2020年3月中旬刊行予定、本体価格1500円)の大半の原稿を印刷会社へ入稿した。 「俳句」は、 46か国33言語166人497俳句 497 Haiku in 33 Languages by 166 Poets from 46 Countries となっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい本棚

『世界俳句』バックナンバーなどを収納する本棚を買い替えた。ネットでサイズ(幅90cm)と色(チェスナットブラウン)を指定して注文。1週間ぐらいで重い箱が届く。 組み立てて、1階窓際のサイドボードとエアコン室内機の間に置く。 いままで置いていた脆弱な構造の本棚2台のうち、1台は分解して処分。もう1台は接着剤で補強して2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more