「吟遊」第83号校了!!!

印刷・販売をコールサック社へ移した「吟遊」第83号(吟遊社、2019年7月20日発行予定)校了となる。100ページを超える。海外からの俳句も多数。 吟遊・夏石番矢賞2019(受賞者:川口信行)が巻頭。 参照 「吟遊」第83号の初校校正始まる https://banyahaiku.at.webry.info/2…
コメント:0

続きを読むread more

虫との闘い

このところ、自宅に入り込もうとする虫、たとえば蟻、蜘蛛、ゴキブリと闘っている。 蟻は、白蟻ではなく、小さい黒蟻。 闘いは、殺虫剤、セメントなどが武器。殺したくないのだが、しかたない。 蟻は、新天地を探してたくましく冒険しているのだろうが、彼らがはびこれば、私たちの生活が大いに乱される。   蟻と暮らせばわれらの指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10寄付金箱

世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ World Haiku Conference: Haiku Future / Haiku World 創立20周年記念第10回世界俳句協会大会の会場に置く 寄付金箱。清水国治デザイン。   金色の星屑集める箱が届く  夏石番矢 参照 世界俳句コンファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日とWHAC10ポスター

2019年7月3日(水)、満64歳の誕生日。フランツ・カフカと同じ日。 第10回世界俳句協会大会のポスターのうち、助成してくれる東京都から送られてきたものに、手を加えて、世界俳句協会事務所玄関扉裏に貼ってある。 世界俳句協会独自で、コールサック社がデザイン・作成したものは、刷り上がり待ち状態。 参照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2つの誕生日プレゼント

妻と娘から誕生日プレゼントをもらう。満64歳になった。 妻からの扇子 娘からのハンカチ ありがたい。いまのところ「乾家」は3人だが、まもなく娘は別姓になる。でも、ペンネームは旧姓のまま。実は、ペンネームで「乾」姓は娘だけ。   絹のハンカチ扇であおげば満月へ  夏石番矢 …
コメント:0

続きを読むread more

プログラム世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ

創立20周年記念第10回世界俳句協会大会 世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ ポスター プログラム これはタブロイド判で両面印刷して、各方面へ配布予定。 俳句コンテストのご応募は、この記事から取り出した用紙をお使いください。 参照 世界俳句コンファレンス:俳句は未来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2019年9月号雑詠選など完了

先週から風邪気味ながら、「俳句界」2019年9月号(文學の森)雑詠選など完了。 特選入選の第1位から第3位は、新顔ではないだろうか。 参照 「俳句界」2019年8月号雑詠選など完了 https://banyahaiku.at.webry.info/201906/article_14.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第83号の初校校正始まる

国際俳句季刊誌「吟遊」第83号(2019年7月20日、吟遊社発行、印刷販売コールサック社)の全ページの初校校正が始まる。 参照 コールサック社へ「吟遊」第83号入稿 https://banyahaiku.at.webry.info/201906/article_36.html 「吟遊」第83号のため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日仏文化会館へ行く

下記の講座に参加するため、東京・恵比寿の日仏文化会館へ行った。 日仏文化講座 2019年6月29日(土)14h-18h 日仏会館 「仏訳によって日本詩の魅力を再発見する」 Séminaire sur la traduction de la poésie japonaise en fran&c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚者の「議論」

愚者たちの「議論」を長時間聞かされた。こういうときほど、言語の相対性、脆弱性を感じざるをえない。 愚者たちは、自分たちの「議論」というものに、論理的根拠がないことに気づかない。そのくせ、中途半端な「論理」を中途半端な言語表現で振りかざす。 こういう現実に、気づきたくないのだろう。気づけば「議論」も「言語表現」も必要なくなるし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回星の俳句コンテスト審査完了!!!

天の川・交野ヶ原日本遺産プロジェクト実行委員会主催の第1回星の俳句コンテストに、最終的に約1000通の応募があり、審査を完了して、主催団体へ審査結果の講評を送る。 表彰式は、2019年7月7日、大阪府交野市星田妙見宮七夕祭にて。雨天の場合は星田会館。応募作は全句、七夕の笹に吊り下げられる。どういう壮観になるだろうか? 参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コールサック社へ「吟遊」第83号入稿

2019年6月24日(月)午後2時から、東京・板橋のコールサック社を訪問。 鎌倉佐弓とともに、「吟遊」第83号の全原稿を同社へ渡す。この号から、96ページを基本にすることに。 帰路、中山道の板橋仲宿をぶらつく。江戸の残り香があるが、高架の高速道路が街並みを乱している。石神井川にかかる中山道の橋が、「板橋」の地名の由来…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

招待詩人への俳画スタンド①

世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ へ参加してくださる海外の詩人に感謝のしるしとして、俳画スタンドを作成。サイン落款入りの箱付き。小型で軽いので、飛行機を使ってのお持ち帰りに適していると考えた。 いままでにできた14点では、まだ半分ぐらいの方々にしか渡せないので、断続的に制作続行。 参照 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京アーツカウンシルから届いたポスター

助成金をもらう東京アーツカウンシルから届いたポスターに加工して、世界俳句協会事務所の壁に貼ってみた。 参照 世界俳句コンファレンスの缶バッジできる https://banyahaiku.at.webry.info/201906/article_29.html 世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾佐伎句集『未来一滴』をもらう

著者から直接、乾佐伎第一句集『未来一滴』(コールサック社、2019年8月、本体価格1500円)をもらう。さっそくサイン入り本になる。 乾佐伎 句集 『未来一滴』 ★目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。 http://www.coal-sack.com/app/webroot/book/004…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界俳句コンファレンスの缶バッジできる

世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ の缶バッジができる。清水国治デザイン。 2019年9月13日(金)~15日(日)、会場で来場者に無料配布される。先着200名様。 参照 世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ https://banyahaiku.at.webry…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界俳句コンファレンス:俳句は未来へ 俳句は世界へ

創立20周年記念第10回世界俳句協会大会 最新情報 ポスターもこの記事にアップ。 創立20周年記念第10回世界俳句協会大会のメイン名称を、下記へ変更する。世界俳句協会会員に限定されず、協会会員以外の俳句愛好家や、一般の方々も気軽に参加できる、より開かれた国際イベントにするため。 日本語 世界俳句コンファレンス…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

WHAトートバッグはトウモロコシのかおり

9月の大会のために、世界俳句協会のトートバッグ制作を注文したら、大きな段ボールで到着。清水国治デザイン。 開いてみれば、甘さのあるトウモロコシのようなかおりがする。 食欲不振にWHAトートバッグ!!!    トウモロコシの母はその袋に入る  夏石番矢   参照 創立20周年記念 第10回世界俳句協会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蒙古語」の本を注文

Amazion.co.jpとAmazon.comで、モンゴル文字についての本を探す。なかなかない。 すでに色紙などで、この文字を墨書した。「未来より」俳句モンゴル文字版も数度書いた。 8言語俳句オブジェ Haiku Bird https://banyahaiku.at.webry.info/201906/article_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書斎から満月

2019年6月16日(日)午後9時10分ごろ、書斎の窓から満月が見えた。左下に星。何星だろうか? こういうときは、なかなかない。   星ひとつ連れて満月狩猟に出る  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会俳句コンテストに投句

第3回世界俳句協会俳句コンテスト https://banyahaiku.at.webry.info/201905/article_28.html にすでに投句があった。日本からは郵送で、海外からはGmailのメルアドあて。 締め切り日は、2019年7月20日。 審査結果発表は、同年9月15日(日)午後、東京神田錦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回星の俳句コンテスト選句ほぼ完了

天の川・交野ヶ原日本遺産プロジェクト実行委員会主催の第1回星の俳句コンテストに、約800通の応募があり、選句をほぼ完了する。 第1回星の俳句コンテスト 応募用紙など https://banyahaiku.at.webry.info/201905/article_4.html 上の記事から実際に応募用紙を印刷した投句もあっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大西洋上のポルトガル極上ワイン

6月初めのある夕方、東京・神田の太田姫神社斜め向かいのポルトガル料理店ピリピリにはじめて入る。 ここで、一杯2000円のワインを楽しむ。 20年もののリベロ・レアル・ブアル。こういう独特の琥珀色を呈しているが、白ワイン。 お店の方に、この香りよく、味の良いワインで機嫌がよくなった私の写真を撮ってもらった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第83号のための俳句翻訳と新同人

「吟遊」第83号(2019年7月20日刊行予定、吟遊社)のために、下記の俳句翻訳をこなした。 フィリピンのトーレスさんの俳句の和訳 英国のガーディナー氏の俳句の和訳 バングラデシュのホッケ氏の俳句の和訳 セルビアのリスティッチ氏の俳句の和訳 ネパール出身で同人のポウデル氏の俳句の和訳 夏石番矢自身の俳句の英訳 自作…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

NHKラジオ深夜便「世界俳句」の地平をひらく 放送と聞き逃しサービス

2019年6月12日(水)午前4時過ぎ、NHKラジオ第1で、下記の放送がある。 https://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/2b2.html NHKラジオ第1  6月12日(水) 午前4時台 【明日へのことば】「世界俳句」の地平をひらく 俳人・明治大学教授 夏石番矢 私は起きられるか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

車中からバッタもん

2019年6月X日、明治大学博物館裏から山の上のホテルへ続く道を歩いていたら、舗道脇に停めてある車から声をかけられた。 人品不肖の青シャツの老人。 「売れ残った腕時計あげるよ」 「これいくらするかわかるよね」 「こんなバッグもあげるよ」 私が答える。 「こんなに高価なものいただいていいんですか?」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2019年8月号雑詠選など完了

「俳句界」2019年8月号(文學の森)雑詠選など完了。 特選入選の第1位と第2位は、常連投句者。 第3位はルーキー。 佳作入選者にも、新顔が多いような印象。 参照 「俳句界」2019年7月号(文學の森)雑詠選など完了 https://banyahaiku.at.webry.info/201904/arti…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読売人物データベース返送

読売人物データベースのための書類「登録データ表」の裏表に、赤字を入れて、返送する。 毎年、更新しているので、1年の変化を改めて考えることができる。 しかし、入院したことを書く欄はない。その後の、明治大学法学部執行部による「いじめ」「パワハラ」を記入する欄もない。   書類から消えた悪魔はどこにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第83号編集始まる

七月堂が経営規模縮小し、印刷できなくなったので、コールサック社印刷によって、「吟遊」第83号は刊行されることに。 すでに送られてきたいくつかの原稿は手を入れたり、夏石の連載「思索片Ⅸ」も、300から333まで断続的に書いている。 未整理なもの、翻訳していないものもあるし、まだ到着していない投句も残っている。
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

寒い梅雨とタクシー

2019年6月7日(金)、梅雨入り。気温は高くないが、最低気温はこのところ、摂氏18度を上回っている。 地球温暖化は、大嘘である。 この日は出講日。行きはよいよい、帰りはこわい。実際、JR山手線の目白駅から富士見市の自宅までタクシーで帰る。 運転手の白石さんと、会話を楽しむ。東京都豊島区千早一帯は、第2次世界大戦中の東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8言語俳句オブジェ Haiku Bird

多言語俳句オブジェを作ってみた。素材はバルサでできた中南米の民芸品。鳥をかたどっている。 まず鳥の背中に日本語の「未来より」俳句を墨書。落款も押すが、バルサの木材は柔らかいので、めり込む。 左側面に、イタリア語と英語で、同じ俳句を揮毫。 胸に中国語版の「未来より」俳句。落款は自彫り。ほとんど印泥だけながら、「番…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

萩が咲く

わが家の裏庭の萩が、気づかぬまに、咲いていた。 いつからか、初夏と秋に咲く、二度咲きの花になっている。 二度咲きの萩が自然だ私はトライリンガルだ  夏石番矢 参照 初夏に萩咲く https://banyahaiku.at.webry.info/201706/article_20.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日の庭

自宅兼世界俳句協会事務所兼吟遊社の玄関わきの庭の、ある日の光景。 おばけ南天と椿の木の間の、朝方の1コマ。今年は、椿の落葉が激しい。   椿落葉に朝日が乗って新世界  夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラウドファンディングの準備15 日伊俳画スタンド

創立20周年記念第10回世界俳句協会大会のためのクラウドファンディングの準備として、さらにリターン(謝礼)の作成。 日伊2言語俳画スタンド 箱付き 創立20周年記念 第10回世界俳句協会大会 https://banyahaiku.at.webry.info/201903/article_32.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創立20周年記念 第10回世界俳句協会大会 最新情報2

創立20周年記念 第10回世界俳句協会大会のチラシ第2版。 後援団体が、 助成 協賛 後援 の3つに分けられた。プログラムのセッションが増えた。 参照 創立20周年記念 第10回世界俳句協会大会 最新情報 https://banyahaiku.at.webry.info/201903…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高校受験参考書への掲載許可書

この春の福島県公立高校の入試問題に、夏石番矢の、   未来より滝を吹き割る風来たる が採用され、しかもいい問題だった。 福島県公立高校入試に「未来より」俳句 https://banyahaiku.at.webry.info/201903/article_20.html これを契機に、高校入試の参考書へのこの1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラウドファンディングの準備14 金の額俳画スタンド

創立20周年記念 第10回世界俳句協会大会のためのクラウドファンディングの準備が13で終わるのは、なんだか縁起が悪そうなので、14を作成してみた。 東京・神田神保町の文房堂で買った金の額を使った、小さい日本語・セルビア語俳画スタンド。 机の上に立ててみるとこうなる。 署名落款入りの箱が付いている。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more