乙字・楸邨からっぺた

高柳重信や三橋敏雄が生きていたころ、よくこう聞かされた。約40年前だろう。

乙字楸邨からっぺた

これは大須賀乙字、加藤楸邨自身の俳句がへたくそであり、その弟子筋もへたであることを断言した、新興俳句系の俳人たちの共通認識。

楸邨の弟子筋は、金子兜太、森澄雄など。

乙字の弟子筋は、金尾梅の門、その弟子角川源義、またその孫弟子角川春樹など。

こういう人たちが、からっぺただとの認識が忘れられたいまは、どういう時代なのだろう。

忘備のために、ここに記事として残したい。

  木枯らしや乙字楸邨からっぺた  夏石番矢



















"乙字・楸邨からっぺた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。