睡魔と闘い採点と選句の5時間

1月27日(水)午後0時半から午後5時半まで、ある場所に詰める。徳川幕府の硝石蔵跡地で、そのある一角に、幽霊が出るとか、亡霊が居ついているとの噂があり、奇妙に静か。邪気を感じて自分の部屋にお札を貼っている人もいる。

私は、水晶玉と塩を引き出しに入れてある。ミネラル・ウォーターもぐい飲みに注いで本棚に置いてある。抹香臭くない削り香もその真横に。これが魔よけ4点。

その一室で、M大H学部のレポートの採点と俳句の選句を行なう。

採点はすべて完了。できる学生とできない学生の差が大きくなった。人材にも安定した中間層が細りつつある。

選句は半分ちょっとすませる。途中から猛烈な睡魔に襲われ続けた。

硝石蔵跡研究室に睡魔と亡霊

睡魔と闘う不気味な静けさ漂う部屋で 夏石番矢













  



"睡魔と闘い採点と選句の5時間" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。