ポルトガルでの共著に揮毫

ポルトガルでの共著、

Espíritos Elementares: vinte e três simulacros, in-libris, Portugal, 2006 (co-authored)、

はや9年前の『元素的精神―23のシミュレーション』とでも和訳できる出版に揮毫などした。

パウロ・ガスパール・フェレイラによる写真と23人の詩人のコラボ作品集。

これは綴じていない1枚1枚厚い紙に印刷した出版。解説などは小冊子。紙の箱に、23人の詩が1枚ずつ写真入りで印刷されたものが、ノンブルなしで重ねられ、納められている。

箱の表紙
画像


Ban'ya Natsuishiのページそして箱の裏に揮毫。
画像


さらにBan'ya Natsuishiのページ裏に揮毫。三幅対となる。
画像


日本語は、透明なフィルムに銀で印刷。さわると指紋が付きやすい。
画像


フィルムを黒いページにかぶせて楽しむ。署名は鳩居堂で買った金の筆ペンで。
画像


この「海藻」3句は、日本では、句集『ブラックカード』(砂子屋書房、2012年)の「風の首都、ウエリントン」に収録。2005年10月に第三回ウエリントン国際詩祭に参加してできた俳句。

http://www.scoop.co.nz/stories/CU0510/S00007/third-wellington-international-poetry-festival.htm

このポルトガルでの共著は、2冊しか持っていないので、図書館にも寄贈していないし、古書としても流通していない。ポルトガルの詩人、カジミーロ・ド・ブリトーが斡旋して生まれた希書。

  ふるさと遠く黒いばらばらの本一冊

  
  フィルムを黒世界に置き忘れお金で病気  夏石番矢
































"ポルトガルでの共著に揮毫" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。