夏石番矢自選50句

夏石番矢自選50句


初期句集『うなる川』(『夏石番矢全句集 越境紀行』所収、平成一三年=二〇〇一年、沖積舎)

冬の朝階段の音にもうひとりの我

緑蔭に男は優しき潜水艦


『猟常記』(昭和五八年=一九八三年、静地社)

降る雪を仰げば昇天する如し

青空を吸ひ込み蝉の穴は消ゆ

家ぬちを濡羽の燕暴れけり

階段を突き落とされて虹となる


『メトロポリティック』(昭和六〇年=一九八五年、牧羊社)

夏石番矢の塒(ねぐら)は極彩色のそら

未来より滝を吹き割る風来たる

街への投網のやうな花火が返事です

千年の留守に瀑布を掛けておく


『真空律』(昭和六一年=一九八六年、思潮社)

天(テン)ハ固体(コタイ)ナリ山頂(サンチヤウ)ノ蟻(アリ)ノ全滅(ゼンメツ)

トウメイニンゲンナル臣民(シンミン)ト赫赫(カクカク)タル岬(ミサキ)ヲ走(ハシ)ル

新(シン)大陸(タイリク)ノ中心(チユウシン)ノ砂漠(サバク)ニ深(フカ)ク句点(クテン)ヲ打(ウ)テ

不可逆性(フカギヤクセイ)虚(キヨ)血性(ケツセイ)銀河(ギンガ)ニ帰(カヘ)ラナム

海(ウミ)ハ荒海(アラウミ) 割譲(カツジヤウ)サレタル神(カミ)ノ皮膚(ヒフ)


『神々のフーガ』(平成二年=一九九〇年、弘栄堂書店)

夢に見よ身長十億光年の影姫

月は日を我は汝を追う風の国

うなばらにああ神々の深呼吸

日本海に稲妻の尾が入れられる

ひんがしに霧の巨人がよこたわる


『人体オペラ』(平成二年=一九九〇年、書肆山田)

龍の骨より生まれては笑う我

すなあらし私の頭は無数の斜面

涙腺を真空が行き雲が行く


『楽浪』(平成四年=一九九二年、書肆山田)

いのちひしめく雲のやちまた涼しけれ

みなかみに声の列柱あり薄暮

大瀑布象の夢見て逝(ゆ)きし人


『巨石巨木学』(平成七年=一九九五年、書肆山田)

嵐があやす千年杉を捨てて来た

智慧桜黄金諸根轟轟悦予(ちえざくらおうごんしょこんごうごうえつよ)

彼(ひ)国(こく)微風(みふう)吹動(すいどう)常(とこ)立(たち)杉(すぎ)微塵(みじん)

一心(いっしん)安楽(あんらく)琉球(りゅうきゅう)鳳凰(ほうおう)木(ぼく)散華(さんげ)


『地球巡礼』(平成一〇年=一九九八年、立風書房)

日曜のミラボー橋を羽毛飛ぶ

パリは無数のあなぐら行方不明は神のみならず

道は羊へ大西洋へ石の家

天へほほえみかける岩より大陸始まる


『漂流』(『夏石番矢全句集 越境紀行』所収、平成一三年=二〇〇一年、沖積舎)

父母老いて播磨に蛸の甘さかな

金箔をすかせば見える鬼の国


『右目の白夜』(平成一八年=二〇〇六年、沖積舎)

蛇は道を心を歌を横断す

月を追う国境より山上教会へ

ニューヨーク夕日に遊ぶほこり恐ろし

青草は天使の輝き手術を決める


『連句 虚空を貫き』(平成一九年=二〇〇七年、七月堂)

ヒロシマという語蝶より重からんや

砂の城にて幽霊夢見るひまわり畑

霧は太陽の吐息こわれた魔笛


『空飛ぶ法王 一六一俳句』(平成二〇年=二〇〇八年、東京堂出版)

子供とキリンにだけ見えている空飛ぶ法王

長い長い手紙を抱いて空飛ぶ法王

空飛ぶ法王戦火は跳ねる蚤か

アラビア文字に絡めとられて空飛ぶ法王

空飛ぶ法王善男善女蒸発す

たまには銀河で泳いでいるよ空飛ぶ法王

法王空飛ぶすべての枯れた薔薇のため


ある日本の雑誌に発表した自選50句。フィンランドにも送った。このうちの15句ぐらい、フィンランド語訳される予定。









"夏石番矢自選50句" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。