中国社会の脆さ 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスによる肺炎が広がりを示している。日本ではすでにインフルエンザが流行しているので、マスクをする人がさらに増えるだろう。

新型コロナウイルスの「コロナ」は、太陽のコロナが由来で、両者の形状が似ている。

5fe7f794e1aca049af40cca4995b11e3.jpg

ところで、米中貿易戦争は、米中の覇権争いで、ここに新型コロナウイルス感染拡大が、中国社会の基本的脆弱さを露呈する要因となって影響してくるだろう。

あるYouTuberは、この新型コロナウイルスは米国の生物兵器だと言っているが、確証はない。別のYouTuberは、中国が武漢の生物兵器開発施設で作り出したウイルス兵器が漏れたと主張している。この施設はフランスが援助している。

中仏連携と米中対立が、現在の基本構図。

元来、ウイルスが型を変えて、新型が発生するのが中国の風土の特徴。ここでウイルス兵器を開発するという発想そのものが愚かだ。中国社会は基本的に非衛生的なので、新型コロナウイルスがどこまで猛威をふるい、大都市を麻痺させるか予断を許さない。

せめて、清潔な日本にはこのやっかいな微生物が蔓延しないことを祈るのみ。

  人はもろい遠くのコロナ近くのコロナ  夏石番矢














"中国社会の脆さ 新型コロナウイルス" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。