太平洋の潮流変化

1月7日(火)午後、池袋元力堂で治療を受けてから、東武百貨店池袋店8Fで開催中の大北海道展へ行く。

見るだけのつもりが、やはり買ってしまう。

4品の買い物のうち、3品の写真。

IMG_6554.JPG

このうち、「ふわっと寒たら」は、昨年までのものとパッケージや値段が違う。味には変化なく、鱈の干物製品のなかでは、最も食べやすく味もいい。

北海道から販売に来ている男性に、海産物が不漁かとの噂を確認したら、そうだと答える。「地球温暖化のため、寒流が北から南下して来なくて、鱈、烏賊、蟹、鮭などがあまり捕れない」とのこと。

太平洋の対岸カリフォルニアに帰国した米国の友人からも、この冬、異様にあたたかいというメールを先日受け取る。

太平洋の潮流に変化が起きているのは確かなようだ。それがはたして「地球温暖化」なのかどうかは疑問。南下しない海流はどこへ流れているのだろうか?

冬の寒さが嫌いな私は、温暖化がもっと進んで、コートなしで外出したり、暖房なしで家で暮らせたらいいのにと願う。

  何度死んでも蟹浄土へは入れない

  愚者群れる陸へと魚は近寄らず  夏石番矢








  






"太平洋の潮流変化" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。