白猫パールをはじめて撫でる

11月28日(木)午前11時、「吟遊」第84号(2019年10月30日、吟遊社)から印刷を担当してもらっている富士見市内の梅田印刷に、ある用件で出向く。

この印刷会社事務所の主のような白猫パールが、最初は社員の車でドライブ中でごお留守。

そのうちご帰還。部屋に戻るやいなや、事務所一階を隅から隅まで何度もゆっくり見回る。私にも近づく。お尻を撫でたら、ビクッと驚く。

二度目は、「パールちゃん」と声をかけて頭を前から撫でた。今度は驚かない。撫でているうちに、尻尾も揺らしてくれる。

彼女が派手な首輪を巻いて、堂々と事務所を巡回する姿は、女王の貫禄。目力も強い。

「吟遊」第84号の編集後記で、この猫について最後に触れた。

  われら身震い女王猫は部屋を巡回  夏石番矢











"白猫パールをはじめて撫でる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。