夏石番矢句集『猟常記』論へのお礼の色紙

「吟遊」第89号(2021年1月20日発行予定、吟遊社)に、吟遊同人の乾佐伎さんが、「『猟常記』を読んで」を書いた。 ひさしぶりの夏石の処女句集論。お礼に彼女が文章で「子どもの第二次反抗期の比喩と捉えたい」と評した一句を書いた俳画を送った。 絵は岩絵の具数種と金箔を使った。 元気な燕を描いたつもりだが、これを「鴉」と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more