特製の『砂漠の劇場』

ある人にお礼のため、9言語句集『砂漠の劇場』のカバー裏に俳画を描いた。2017年にインドで出版した句集。 金箔をにかわで貼る技法を手に入れたので、それを実践した。金箔は量が少なければ、それほど高くない。「コブラ」の鱗に見立てて、金箔を貼った。 それに、モロッコで買ってきたアラビア文字専用の筆で、「バンヤ」と左下に署名…
コメント:1

続きを読むread more

散歩の小発見47 空き家の笹

いつからか空き家になった近隣の一戸建て。建て替えて住人が戻ってくると、妻から聞いていた。   しかし、数年間、空き家状態が続き、庭から笹が生えだし、塀の上まで伸びてきた。 このまま放置されるのだろうか?   不在が延び笹が伸びて悪夢の庭 夏石番矢  参照 散歩の小発見46 鳥のトイレ htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』カバー更新版と入稿追加

『世界俳句2021 第17号』のカバー更新。国の数が43か国から44か国に。 新型コロナウイルス俳句も、イラク、インド、オーストリア、英国、ベトナム、日本、フランス、ブルガリア、ネパール、タジキスタン、ドイツ、米国からの投句を選び、和訳作成、英語、フランス語の調整を行った。不備なもの、陳腐なものなどは落とした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かおりの薔薇と色の薔薇

自宅の元娘の部屋に花が置いてある。 このうち、値段が一番高く、最も存在感があるのが、赤い薔薇。 かおりが部屋の外までひろがっているのは、花かごの黄色い薔薇。   色の薔薇かおりの薔薇そして思い出の薔薇 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

添削された金子兜太の字

あの「アベ政治を許さない」という単調な太字で書いた金子兜太先生のポスターが、添削されていた。 富士見市内の文化的な一戸建ての家の玄関。これを見たときは、驚いた。 金子兜太先生の書も書だけれど、二重赤線引いて、横に「スガ」とマジックで訂正するとは!!!!!!!!!!! 金子兜太先生に地獄からお戻りいただいて、書き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3言語俳画色紙「街への」

このところ、俳画色紙を断続的に描いている。第二句集『メトロポリティック』(牧羊社、1985年)からの1句。日本語原句に、英訳と仏訳も。   街への投網のやうな花火が返事です 夏石番矢 参照 夏石番矢「街への投網」についての記事一覧 https://banyahaiku.at.webry.info/201002…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第89号完成と到着!!!

「吟遊」第89号(2021年1月20日、吟遊社、本体価格1000円)完成と到着!!! この号は、アラビア語圏の代表的詩人2人の俳句、会友の特別作品、夏石の古事記論3、岩脇リーベル豊美、鎌倉佐弓のエッセイ、乾佐伎の夏石番矢処女句集『猟常記』論など、むろん各同人の俳句も含めて、充実している。 発送作業は、1月27日(水)…
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』「Haiku」他言語版入稿完了!

『世界俳句2021 第17号』(2021年3月20日刊行予定、吟遊社)の「Haiku」多言語版の入稿完了! ここが一番大変で、大切な部分。 参照 『世界俳句2021 第17号』入稿始まる https://banyahaiku.at.webry.info/202101/article_24.html 『世界俳句2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第23回吟遊同人総会Zoom開催

2021年1月23日(土)午後1時から、第23回吟遊同人総会をZoomで開催。 私は自宅書斎から。本棚に横断幕やロゴマークを貼った。 驚きのゲストも参加予定。 参照 吟遊俳句賞2020についての動画 https://banyahaiku.at.webry.info/202101/article_18.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊同人2020年の一句

「吟遊」第85号~第88号(2020年1月~10月)の4冊に掲載された吟遊同人の各一句を、夏石が選び、コメントした動画をYouTubeにアップした。夏石の1句は、コメントなしの音楽付きの俳句動画。 吟遊同人2020年の1句 その1 https://www.youtube.com/watch?v=TTkgb1AGgps&l…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの出版社からのプレゼント

インドの出版社、Cyberwit.netにネットで本を注文したら、約1週間で届く。ちょっとしたプレゼントが荷のなかに添えられていた。航空便ではなく、船便。 とくに本の栞は、活用させていただいている。この出版社とは、もう十数年のお付き合い、ここ数年で、造本や紙の質を急速にレベルアップした。 文学博士号を持っているカルネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

側溝の氷

1月20日(水)朝、自宅とお隣の側溝に氷。 これは昨夜、私が撒いた水。   側溝に並べば尊し氷の翼   側溝に生まれてしばし氷の翼 夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

ネットニュースから「朝日」「読売」「産経」「共同」「日刊スポーツ」を消す

Microsoft Edgeの立ち上げの最初の画面に表示されるニュースで、馬鹿なニュースをだし続けているのは、「朝日」「読売」「産経」「共同」「日刊スポーツ」などなど。これらを非表示にすると、地方新聞や外国メディアの日本語版が出てくるようになる。このほうがまともなニュースが読める。 「朝日」「読売」「産経」「共同」「日刊スポーツ」…
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見46 鳥のトイレ

散歩中、路上にペンキのような物体が集中している場所がいくつかあった。 その上を見上げるとこういう光景。 鳥が電柱付近の電線などに止まって、排泄物を路上に落下させているにちがいない。 その一つの接写。 下手な現代アートより面白い。  鳥の糞がここら辺の路上の名画 夏石番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』入稿始まる

『世界俳句2021 第17号』(2021年3月20日刊行予定、吟遊社)の入稿が始まった。 すでにカラーの2ページを含む6ページのコロナ俳画の入稿完了。 表2と表3も入稿。和文版「俳句」の入稿も。 2月中の校了を目指す。 表紙案の現在。 参照 『世界俳句2021 第17号』編集進行中 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見45 夜の鏡

1月中旬、夜の散歩に出る。寒い夜はあまり人に合わない。 民家の玄関先に鏡があるのに気づく。これまで数えきれないくらい、この前の道を歩いたのに、なぜ見過ごしたのか、不可解な気分。 そこで、鏡に向かってシャッターを切った。 見知らぬ男の姿は自分だった。  夜の鏡の自分のうしろに窓がある 夏石番矢 参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼミ生大半の進路決定

M大学H学部の教授として、定年まで5年と少し。2020年度は、コロナ禍のためすべてオンライン授業だった。 うれしいことに、昨年度は対面授業、今年はオンライン授業のゼミ生のほとんどの進路が決まった。比較文化の『古事記』ゼミ。 オンラインで提出されたレポートの末尾に、各自の進路が記されていた。少し涙が出るほどうれしかった。国家公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊俳句賞2020についての動画

「吟遊」第87号(2020年7月20日、吟遊社)で発表した、吟遊俳句賞2020受賞出版、ジョン・マートン『ホームランズ』についての、夏石番矢によるコメントを、YouTubeにアップした。 https://youtu.be/q-ZtLm_1_VE Ginyu Haiku Prize 2020 https://ginyu-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』編集進行中

『世界俳句2021 第17号』(2021年3月末刊行予定、吟遊社)の多言語版「俳句/Haiku」の編集・翻訳が、好調に進んでいる。この部分に関する私の作業は終わった。 しかし、約10日間のとてもハードな仕事だった。さいわい協力者もいてくれる。短い俳句を通して、作者のものの考え方がよくわかる。 作者がどこで停滞しているかがわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏石番矢句集『猟常記』論へのお礼の色紙

「吟遊」第89号(2021年1月20日発行予定、吟遊社)に、吟遊同人の乾佐伎さんが、「『猟常記』を読んで」を書いた。 ひさしぶりの夏石の処女句集論。お礼に彼女が文章で「子どもの第二次反抗期の比喩と捉えたい」と評した一句を書いた俳画を送った。 絵は岩絵の具数種と金箔を使った。 元気な燕を描いたつもりだが、これを「鴉」と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PC修理出張サービス

今使っているWindows10で不具合が生じた。PCの出張サービスに来てもらう。これで3回目。いずれもまじめな若い社員で、問題解決してくれた。 自宅でオンライン授業、オンライン会議を続けるためには必要な作業。 しかし、Outlookの不具合は直ったはずが、ひどくなった。Windows10はやはり欠陥。 Zoomにも問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫の糞

狭い自宅の周辺に、毎日紫色の小さい物体がしみのように見られる。 この2つのしみは、私がDIYで塗ったモルタルパテ、防水ペイントの上に付けられる。おそらく、鳥の糞で、食べた木の実の色が色濃く出ているのだろう。 何種類かのブラシでこすって、水をかけて消している。   紫の糞を落として天へと消えた 夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つなぎの表情

「つなぎ」を生まれて初めて買った。LLサイズ。自宅の補修作業のさいに着た。 物干し場で干すと、表情を変える。物体自身はほとんど変化しないのに、外界の光によって、こんなにも違って見える。  私より自由吊るされたつなぎとそのしわ 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋元力堂に牛の背年賀俳画

私が通っている池袋元力堂の壁に、上品な額に入れられて、夏石作成の「牛の背」年賀俳画が飾られていた。 特権的な一点だけの展覧会? 下の俳画が飾られている。この俳画は、いくつかバージョンがある。 参照 2021年年賀俳画 日英版 https://banyahaiku.at.webry.info/20…
コメント:0

続きを読むread more

子伯句集『落とし物だらけの人生』入稿完了

「吟遊」同人の子伯さんの新句集『落とし物だらけの人生』(吟遊社、2021年5月末刊行予定)の入稿をすませる。 題字を夏石が墨書した。 序文も夏石が書いた。 お俳句ごっごでは決してない。なかなか中身があり、表現にも新しみがある。 刊行は、2021年5月末予定。 Amazon.co.jpで販売。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫の幸福

寒い朝、わが家近くのどん詰まりの家にまた猫。大晦日に、この家の主の車で日向ぼっこしていた猫。 寒いのに、いや寒いから、陽だまりに座っている。  猫横向けば太陽のささやき受けやすし 夏石番矢       参照 大晦日の猫 https://banyahaiku.at.webry.info/202012/arti…
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見43 オリオン座と落書き

夜の散歩で、星座として最も目立つのは、オリオン座。私の技術では、なかなかうまく撮影できない。 住宅地の甍の波から出たオリオン座がかすかに写る。 これを見ての帰路、ある民家の玄関前の道路に子供の落書き。 ここにサイコロのような三つの白丸が描かれていた。あるいは、オリオン座の三ツ星にも似ている。 『古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』について

『世界俳句2021 第17号』(2021年3月末刊行予定、吟遊社)の編集を、昨年末から始めている。 メインの多言語アンソロジーの章、世界的なコロナ禍のなか、前号と同数ぐらいの投句詩人数の見込み。 すでにメールが廃止されている海外の会員もいる。コロナ禍の爪痕は明確に存在する。 俳句は、このほか、COVID-19を詠んだ俳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見 号外 火事

1月6日昼頃、散歩中というよりは買い物に出かけたら、煙が見えた。 そして、煙へと近づいてゆく。火事だ! 火元は、スパーかすみ横らしいが、このスーパーの屋上駐車場まで足を進める。 この写真を撮影してから、自宅へと足取りの向きを変える。 有毒ガスが出ているだろう。コロナも密集した見物人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

金箔を使った色紙

初めて金箔を色紙に使う。   智慧桜黄金諸根轟轟悦代 番矢 句集『巨石巨木学』収録の1句。 米国での出版: A Future Waterfall―100 Haiku from the Japanese, Red Moon Press, USA, 1999 & 2004. フランスでの出版: Casca…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊社の出版物一覧

吟遊社の出版物一覧 List of Ginyu Press Publications except international haiku quarterly "Ginyu" 夏石番矢『未来の滝―55句』、1998年9月10日 第1句集『猟常記』から第8句集『地球巡礼』までの俳句から選ばれた55句の日英対訳句集。稀覯本。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年年賀俳画 日英版

2021年丑年の年賀俳画。 絵を伴った日本語版2枚。 1枚目。牛に見えない。 次の2点は、1枚のバンヌーボー中性色紙(数寄和製)の表裏に描いた。鶏の羽毛でできた筆を使って。 日英2言語版は、何枚か書き、描いた。友人に贈呈したものもある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3言語俳画を描く

元日の夜、日本語、ハンガリー語、英語の3言語俳画を2種類描く。 ハンガリーを2012年に訪れた時の俳句2句。「吟遊」第55号(2012年7月20日、吟遊社)発表の「長い影」から。 単行本では、日英2言語句集『氷の禁域』(Cyberwit.net, 2018, India)収録。 The Forbidden Zone of …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more