愚かな皇位継承論

日本の天皇位の継承をめぐって、小泉内閣の時から議論が始まった。皇室典範の改正まで踏み込もうとしたが、悠仁親王誕生で、立ち消えとなり、平成から令和への皇位移譲後、また皇位継承論が高まる。 「保守」系の人たちは、男系継承に固執する。現行の皇室典範は1947年に制定。その冒頭は次の通り。 第一章  皇位継承 第一條  皇位は、皇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more