北畠親房『神皇正統記』を読む

日本史では有名だが、書名だけでしか知らない北畠親房『神皇正統記』を読む。 明治時代の古本で。 誰かの蔵書だった本を、ネットの古本屋から購入。誤植や脱字の多い本。国分学者芳賀矢一校訂とあるが、それは名ばかり。通読して、正しいかどうかは別にして、論旨は首尾一貫しているし、博学。こういう政治家は現在の日本にはいない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more