「比較文学研究」への執筆辞退

東大比較文学会発行の「比較文学研究」第107号への原稿依頼を辞退した。故芳賀徹東大名誉教授への追悼文。

ファックスは研究室あて、メールは後輩の東大教授あて。メールは即座に届かないとのエラーメールがすぐに入る。メルアドの「z」を「2」と読み間違えていたらしく、2度目のメールは相手に届いたようだ。

故芳賀徹先生について、もう悪く言うなという平川祐弘先生のご助言があったから、もうここには繰り返したくないが、最晩年の言動は、認知症によるものとは言え、あまりにひどすぎた。迷惑をこうむった私の心の傷は消えない。また、パリでのシンポジウムは、国辱ものだった。

2019年2月のパリ開催のクローデル百扇帖シンポ出席をめぐる、勤務先の教授会と芳賀徹先生の二重の嫉妬による苦痛は、私の勤務先への辞表提出と合わせて忘れることはできない。

人は嫉妬によって、こういうことも平気でできるのだということも身をもって知った。すさまじい心の暗黒を感じた。そういう経験のない人にはわからない。

この経験をもとに、『恐怖の蜜』百数十句作ったが、まだ公表する気にならない。

  恐怖の蜜が刺さる心臓  夏石番矢









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Fujimi
2020年08月26日 11:45
原稿依頼者のT・Eさんにも、辞退の事情を説明し、了解していただきました。