本間とろ第2句集『ガラス』

加古川市在住の自由律俳人、本間とろさんから第二句集『ガラス』(牧歌舎、2019年6月、本体価格1200円)が、なぜか1年遅れで送付されてきた。1972年生まれ、俳誌「青い地球」同人。第一句集『純真』(2017年)。

カバー
本間とろ ガラス001.jpg

奥付け
本間とろ ガラス002.jpg


第一句集は、まだ書き方が不安定で不十分だったが、この第二句集では作風がぐんと向上している。

生きていることの根本的な悲しさが、飾り気なく、すらりと詠まれていて、好感を持った。あの夏井いつきに代表される有季定型「お俳句ごっこ」には皆無な現代の詩としての中身がある。

帯に印刷され、句集のタイトルにもなった句は、いまいち。

 ガラスみたいといわれてぱりんと割れた

全五章のうち、最初の章「街」から秀句を挙げておこう。現代生活のなかから、現代日本語で「詩」を生み出している。

 板ガラスを切り落とすような怒り

 見えないかすかな風の応援団

 雨降る信号機は美しい宝石

 人生が書店で立ち往生していた

 生け花を夜明け前から活ける

一読をおすすめしたい。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック