吟遊社の営業

鎌倉佐弓が、吟遊社の営業を東京の2書店で行う。ジュンク堂書店池袋店と神田の東京堂書店。 2書店で、「吟遊」第85号売れ残りを引き取り、第86号を置いてもらう。 ジュンク堂書店池袋店には、吟遊社発行の『世界俳句2020 第16号』を新規で置いてもらう。 日本の他の俳句雑誌や出版社がやらないことを、私たちは…
コメント:0

続きを読むread more

ひさしぶりで針仕事

十年以上になるだろうか、針仕事をせずにいたが、このほどほんとうにひさしぶりで針仕事をした。冬用のガウンの裾部分の繕い。 かつては裸眼で針に糸を通せたが、メガネをかけて、穴の大きい針に糸を通す。 運針はまあまあ。十八歳から二十八歳までの独身一人暮らし時代は、自分で針仕事をした。昔取った杵柄。   針の穴を見えない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more