古事記ノート(34) 持統天皇と記紀

古事記のゼミを、M大H学部で開講してもう20年になるだろうか? M大を定年退職するまでには、古事記論を書きたいと思いながら、その余裕がない。 古事記にはさまざまな謎があるが、その部分部分の読解や継ぎはぎ構造の分析など、いくらか解明できたが、基本的にはスクランブルがかかっているような不可解さが残る。 ある本では、天武天皇が編纂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』海外へ発送

3月28日(土)午前、『世界俳句2020 第16号』(夏石番矢 世界俳句協会編、2020年3月30日、本体価格1500円、吟遊社)の海外への発送。会員と俳句好きなモロッコの元外務大臣などへの寄贈分すべて。スーツケース2つと手提げ袋1つ。数年前までは郵便局が取りに来てくれたが、こちらが持ち込まなくてはならなくなった。 郵便サービスは…
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第86号校正中

「吟遊」第86号(全80ページ、2020年4月20日刊行予定、吟遊社)校正中。 今回は、同人2人による書評、モロッコ、セルビア、ネパール、インドの4人からの俳句が目玉。私の「思索片XⅡ」も4ページ。 新型コロナウイルス大流行に負けずに刊行へ。 参照 「吟遊」第86号入稿 https://banyahai…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電線にも積雪

3月29日(日)午前、自宅から降雪が見える。かなり積もり始めた。書斎の窓を覗くと、隣家の屋根瓦の積雪のみならず、わが家へ続く電線にも雪が積もったのが目に入る。 新型コロナウイルス大流行による外出自粛要請が出ているが、あたりはことのほか静寂。   電線渡って屋根裏部屋へ雪の妖精  夏石番矢 …
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』国内会員へ発送

3月28日(土)午前、『世界俳句2020 第16号』(夏石番矢 世界俳句協会編、2020年3月30日、本体価格1500円、吟遊社)納品。 新型コロナウイルス大流行中につき、助っ人を頼めないので、夏石番矢と鎌倉佐弓の2人だけで発送開始。まず、国内会員へ発送。 海外会員への発送、国内外への寄贈はここ数日で。 参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩波文庫『山頭火俳句集』三刷り決定!!!

夏石番矢編『山頭火俳句集』(岩波文庫、岩波書店、初版2018年7月)の3刷りが決定した。 競合する文庫本の山頭火俳句集のなかで、1000句の選句には自信がある。 参照 岩波文庫『山頭火俳句集』2刷り決定!!! https://banyahaiku.at.webry.info/201808/article_60…
コメント:0

続きを読むread more

大国の脆さ

新型コロナウイルス蔓延は、さまざまなことを考えさせてくれる。 このウイルス流行は、2019年後半からの米中経済戦争の本格的開始よりやや遅れたが、ほぼ同時期ともいってよい。生物兵器だとしても、この米国と中国という大国の双方に、深刻なダメージを与えている。 両大国は、膨大な軍事費を誇るが、新型コロナウイルス蔓延には、軍隊はほとん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泳ぐ夢

外出を控え、家で寝読。まるでさなぎのように布団にくるまる。めずらしく泳ぐ夢を見た。 姉二人と、どこか知らない海辺に来ている。私は泳げないので、浜近くで海水に浸かっている。鯨のような巨体の大江健三郎が、この海水浴場で身をひるがえして泳ぎ去る。その姿が間延びしている。 私は神田某という若い小説化をほめそやしている姉たちの会話を聞…
コメント:0

続きを読むread more

咲き続けるシクラメン

昨年末に神戸の安西佐有理さんからいただいたシクラメンの鉢植え。大半は散ってしまったが、少ししおれながらも3つ花が咲き続けている。妻が世話をしている。   薄紫のシクラメン亡命の王女  夏石番矢 参照 神戸からシクラメン https://banyahaiku.at.webry.info/201912/artic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号あてHikikomori俳句

まだ「吟遊」第86号も刊行されていないのに、「吟遊」第87号あての俳句が、英国のティム・ガーディナー氏より届く。題して、 Hikikomori 英語で1行俳句と3行俳句が順繰りに10句ずつ合計20句の寄稿。 いまは、世界中で新型コロナウイルス感染が大問題となっているが、Hikikomoriはこのパンデミックが引き起こす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝者なき闘い

新型コロナウイルス感染は、WHOによってパンデミック(世界的大蔓延)宣言され、エボラ熱やSARSよりも、感染者数、死者数、感染拡大スピード、感染国数などで、歴史的な蔓延となった。 これが、中国、米国、あるいはユダヤによる生物兵器だとのフェイクニュースは無意味である。 このウイルスとの戦いが、たとえ数か月後に終結しても、勝者は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新学期は4月22日から

明治大学法学部の事務から、新学期の開始が、新型コロナウイルス蔓延のため、4月22日からとのメールがすでに届いている。 それまで、外出を控え、家で寝読(ねどく、造語?)。もっぱら古代史の本を読む。   世の始まりの遅刻者われら病んでいる  夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊同人加用章勝さんの俳画

このブログでも紹介してきた、車椅子生活をしている吟遊同人加用章勝さんの俳画3点。みずみずしい色が画面に出てきた。   君の絵に色が芽生える車椅子  夏石番矢 参照 吟遊同人加用章勝手書き俳画 https://banyahaiku.at.webry.info/201809/article_31.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「旅立ちの日に」に泣く

2020年は、新型コロナウイルス蔓延のため、卒業式も入学式も中止という若者が多いだろう。私は1974年4月、大学が国鉄のストで入学式なしだった。 ネットのニュースで、卒業式に「旅立ちの日に」合唱を予定していたが、式の中止で歌えなくなった学校が少なくないことを知る。 そして、YouTubeでこの歌をはじめて聴く。 旅立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山爆発の夢

このところ、よく眠り奇妙な夢を見る。このぼど、富士山爆発の夢を見た。 敵を数名(誰だがわからない)小さい箱に閉じ込めて、そこへ火薬を導火線状に撒いて火を点けると、箱に仕掛けた爆弾ではなく、富士山が爆発する夢。闇のなかで赤く太い噴煙を頂上から吹き出す富士山の映像がしっかり記憶に残る。 これは何だろう? 世の中が大変動を迎えてい…
コメント:0

続きを読むread more

文字と昆虫

「吟遊」第86号入稿終えた翌日、3月19日(木)、「埼玉新聞」文化面に昆虫食の記事掲載。そこに「吟遊」誌や『世界俳句』の印刷を、かつて七月堂で担当していた内山昭一さんが写真と記事文に登場。昆虫食がブームとか。 文字と昆虫の意外な関係。内山さんは文字を扱う印刷出版よりも昆虫食を選んだ。ご自分の主催する昆虫食のイベントに誘われたことも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第86号入稿

3月18日(水)午後、「吟遊」第86号(2020年4月20日発行予定、吟遊社)入稿をすませる。A・O同人の俳句以外すべて揃え、鎌倉佐弓が歩いて15分の梅田印刷へ。この印刷所からは3号目となる。 ネパール出身のプラカス・ポウデル同人の俳句、モロッコの代表的詩人モハメド・ベニス、セルビアのデヤン・ボゴイェヴィッチ、米国のジョン・マート…
コメント:0

続きを読むread more

歯の検診

3月17日(火)、富士見市内の大月デンタルケアへ、歯の定期健診を受けに行く。問題なし。 受付で、体温を測ることに。市内で一人、新型コロナウイルス感染者が出たからだろう。同じ富士見市でも、東武東上線みずほ台駅東口に住む男性とか。東中野のスーパーに勤めている。   金冠を被った歯にも微細な王冠  夏石番矢 …
コメント:0

続きを読むread more

手術後1年8か月の血液検査

3月16日(月)、IMS富士見総合病院で、手術後1年8か月の血液検査。中性脂肪以外問題なし。先月より中性脂肪の数値は下がったが、運動不足が原因だろうか? このところ、外出せずに眠ってばかりいた。 数日来、毎朝ラジオ体操の覚えている部分をやっているが、この日は、ひさしぶりの外出。 採血後、検査結果が出るまで、40分ぐらい病院の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第86号編集開始

もうすでに鎌倉佐弓は編集を始めているが、ようやく私も「吟遊」第86号(2020年4月20日発行予定、吟遊社)の原稿を整え始めた。 一本の散文は、「図書」2020年2月号から転載。連載中の「思索片Ⅻ」は、396~454。 俳句は30句あまりブログから拾って、英訳を付け、ネィティブの翻訳家に磨き上げを依頼。題して「青い象」。この…
コメント:0

続きを読むread more

世界的混乱期としての21世紀

3月14日(土)午後、それまでの雨が一時的に雪となった。積雪はない。 21世紀は、2001年の9・11から混乱が始まり、2011年の東日本大震災と福島原発事故、今年2020年の新型コロナウイルス蔓延と株価暴落でさらに混乱は根深く大きなものとなりつつある。 こういうときに、大馬鹿が国政のトップの日本や韓国、世界制覇とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミュの墓

カミュの『ペスト』を読んでいる間、かつてカミュの墓を訪れて、写真を撮影していることを思い出したものの、どのアルバムにしまったか忘れていた。家じゅうのアルバムをめくって、ようやくその1枚を探し出した。 南仏ヴォークリューズ県ルールマランの墓地。1996年12月1日に訪れている。在外研究中、エクサン・プロヴァンス在住の日本学者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルベール・カミュ『ペスト』通読

新型コロナウイルス感染蔓延とともに、また読まれ出しているのが、ノーベル文学賞を受賞した、アルジェリア生まれのフランス文学者アルベール・カミュの小説『ペスト』(1947年)。これを和訳で始めて通読した。 アルベール・カミュ『世界文学全集39 異邦人・ペスト・転落・誤解』(新潮社、1960年) 『ペスト』は宮崎峯雄訳。当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガル語短歌集

ポルトガルの詩人カジミーロ・ド・ブリトー氏から、ポルトガル語の短歌集が届いた。 NUDEZ LUMINOSA (Ediotora Licorne, Cetral Africa, 2020) タイトルは、日本語では『かがやく裸』。エロチックな5行詩短歌144篇収録。ポルトガル語で短歌集を出版したのは、自分がはじめてだと…
コメント:0

続きを読むread more

倉橋健一『人がたり外伝 大阪人物往来』

倉橋健一さんから新著『人がたり外伝 大阪人物往来』(澪標、本体価格2000円)をいただく。季刊タウン誌「おおさかの街」(発行・主筆:斎藤浩)に、1992年から休刊の2009年にかけて連載した、文学者を中心とする文化人と大阪とのかかわりを書いた43篇のエッセイをまとめた一冊。 短い文章ながら、各文化人の作品、活動、生活に及ぼす大阪の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴瀬公民館から講演依頼

富士見市立鶴瀬公民館から、10月の講演依頼があり、承諾する。 詳細は未定。講演内容は山頭火と世界俳句。 感染者が市内から1人でてしまったが、10月には新型コロナウイルス蔓延も収束しているはず。東京オリンピックも無事開催されているだろうか? 安倍政権も終わっていてほしい。   大馬鹿と小さな王冠秋には消えろ  夏石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣類乾燥機壊れる

自宅の衣類乾燥機壊れる。妻が入院した1996年に初めて購入し、いま壊れたのは2台目。修理しながらも2台で24年間、1台平均では12年間しかもたなかったことになる。 PCは2000年に初めて購入し、Windows Me、Wundows XP、 Windows 7、Windows 10と、Macも2種類、20年間で6種類、20台ちかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに富士見市から新型コロナウイルス感染者

2020年3月8日(日)、ついに地元富士見市から新型コロナウイルス感染者が出る。40代の男性、東京に勤務。 感染源は、北海道らしい。2月26日から1泊で札幌にでかける 。 新型コロナウイルスに関連した患者の発生について http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0…
コメント:0

続きを読むread more

教科書注文書を投函

2020年度のM大学H学部の授業2コマのため、教科書注文書を三省堂書店の担当係へ郵送する。 昨年度は、郵便事故でも起きたのか、この注文書が届かず、学期初めに少し困った。今年は無事届いたとのメールを受信。 今回注文書に教科書を指定した2コマ以外は、コピー配布。 新型コロナウイルス肺炎蔓延が、4月の学期初めに収束に向かって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強風の日

2020年3月5日(木)、晴天ながら強風の一日。妻が娘夫婦あてにMade in Chinaのマスク1箱を宅配便で送る。品薄になっているマスクは、感染防止にはほとんど効果がない。 写真では伝わらないが、書斎の窓から見える電線の揺れが激しい。 恐ろしい音を立てて吹くこの風で、あちこちで電車が運行停止。   この嵐小…
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』校了!!!

2020年3月4日(水)、『世界俳句2020 第16号』(全240ページ、吟遊社、2020年3月下旬刊行予定、本体価格1500円)校了となった。印刷開始。3月末刊行と会員への発送予定。 参照 『世界俳句2020 第16号』最終校チェック https://banyahaiku.at.webry.info/202003…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスの特徴と感染についての理解

日本の国政トップの大馬鹿ぶりはさておいて、日本人に新型コロナウイルスの特徴、感性経路のついての知見が生まれつつある。私が寝ずにネットのニュースを追いかけてえられた状況認識。これは喜ばしいことだ。歴史上、いかなる災厄も困難も、解決方法がある。 1 中国で発生したのち、中国人から直接あるいは間接的に感染した日本の軽症感染者から新型コロ…
コメント:0

続きを読むread more

ボストン在住元医学研究者T・T氏からの新型コロナウイルス肺炎情報 

ボストン在住の元医学研究者T・T氏からの新型コロナウイルス肺炎についての情報。ここ数日の彼からのメールが情報源。T・T氏とは中学・高校の同期生の間柄。 1 新型コロナウイルスの発生源 これは生物兵器ではなくて、野生動物。世界的に権威のある医学誌The Lancetに2020年2月18日付けで研究者たちが共同声明を発表している。そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』最終校チェック

『世界俳句2020 第16号』(全240ページ、吟遊社、2020年3月下旬刊行予定、本体価格1500円)の最終校をチェックした。まだ5ページ分にミスがあったが、3月5日印刷開始の予定は大丈夫だろう。 梅田印刷の担当者I・Uさんが頑張ってくれた。英文チェックも英米の会員が手伝ってくれた。 参照 『世界俳句2020…
コメント:0

続きを読むread more

灰色の21世紀

習近平の来日が延期された。これも日本サイドが先手を打てなかった。愚者を国のトップにいただくとどうなるか、日本はこれからさらに思い知ることになるだろう。 日本はすぐれた人材をリーダーに置けない国だ。島国というぬるま湯で、何も知らずに、何も考えずに、愚者を組織のトップにお飾りに置いて、平穏に生きてゆけると、まだ国民が信じている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅の一斉換気

昨年から自宅の窓やサッシをあまり開けていない。また、布団に入って読書し、よく眠った。閏日の2月29日(土)朝、妻が1階の部屋すべて、午前中に私が2階の部屋すべての窓やサッシを10分ほど開け放つ。 まだ寒いが、外の光は春を思わせる。日本を含め世界中で、新型コロナウイルス肺炎感染が進行しているとはとても思えないのどかさ。しかし、散歩に…
コメント:0

続きを読むread more