国立ハンガリー文化基金の雑誌「PARNASSZUS」に俳句掲載

昨年9月開催の創立20周年記念第10回世界俳句協会大会でいただいた、国立ハンガリー文化基金発行の雑誌「PARNASSZUS」第25巻第2号(2019年夏)に、夏石番矢の略歴とハンガリー語訳俳句が掲載されていた。

この略歴執筆とハンガリー語訳をしてくださったユディット・ヴィハルさんから手渡されたままにしていて、自分のページがあるのにいまごろ気づいた。

parnasszus 2016001.jpg

parnasszus 2016 bn haiku 1003.jpg

parnasszus 2016 bn haiku 2004.jpg

見開きページに掲載された13句のうち、左にはハンガリーでの3言語句集『犬 50俳句』(2019年)からの、

  階段上るロミオのようなダックスフンド

  「お帰りなさい」地獄の門にポインター

などが選ばれている。

右ページには、句集『地球巡礼』(1998年)収録の、


  13階を探すニューヨークの夕べ

  日曜のミラボー橋を羽毛飛ぶ

が登場している。

私の俳句は、作者の手を離れて、さまざまな言語へと「巡礼」し続けている。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック