ポルトガルへの俳画スタンドなど

世界俳句協会顧問、元ポルトガル・ペンクラブ会長のカジミーロ・ド・ブリトー氏へ、箱入りプレゼントを郵送した。第3回世界俳句協会俳句コンテスト審査のお礼も兼ねての送付。いつリスボンに到着するだろうか?

por casimiro de brito 2019 07 box.jpg

この中に入れた夏石番矢作成オリジナル俳画スタンド。

casimiroへの俳画スタンド.JPG

日本語、フランス語、ポルトガル語で次の1句を墨書。

  どの椰子の木も小鳥のふるさとオケアノス

モロッコ沖、大西洋上ものポルトサントー島で、2004年5月に作った1句。

「吟遊」第23号(2004年7月20日、吟遊社)の夏石番矢「オケアノスの部屋」に、日本語、英語、ポルトガル語、フランス語で発表し、句集『ブラックカード』(砂子屋書房、2012年)に日本語だけで収録した。

この俳画では、金色の針金を固い中性紙和紙に金づちで打ち付けた。膠で留めてある。針金を細かく切って、金づちで叩いているときは深夜だったので、妻に叱られた。

  黄金の針金の巣から小鳥旅立つ  夏石番矢


参照
Casimiro de Britoへの箱
https://banyahaiku.at.webry.info/201907/article_18.html

大西洋上のポルトガル極上ワイン  
https://banyahaiku.at.webry.info/201906/article_18.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Fujimi
2019年09月09日 04:31
2019年9月8日に、無事リスボンのカジミーロの自宅に届く。驚きと喜びのメールを受信。

この記事へのトラックバック