加曾利貝塚をはじめて訪れる

2019年8月11日(日)、早朝に目覚めたので、ずっと訪れたいと願っていた加曾利貝塚をはじめて訪れる。千葉市にある。



到着は、午前9時過ぎ。ボランティア団体ガイドの会のY氏の説明を聞きながら、また私も質問しながら、約3時間、この縄文時代中期以降の遺跡を巡る。暑いが、ときおり風が吹く。信念を持つY氏に敬意を抱く。

DSC00556.JPG

この遺跡はまだ、8%しか発掘されていない。

私の生きているうちに、その全貌があきらかにされることはない。しかし、実際に訪れてよかった。

昨夏、東京・上野の国立博物館開催の、「特別展 縄文―1万年の美の鼓動」以来の感動を覚える。

ブログの記事にちんまり収まることがらではないが、私にはある確信が根付いた。

その一つ、縄文遺跡の復元は、ほとんどお粗末で、でたらめであること。教科書などの記述、あるいは専門家の書いた書物のなかの縄文時代は貧粗であること。

もう一つ、加曾利タワー(私の命名)は、円錐の屋根を持つ宗教施設である。4重の円に配列された柱の間を回って、人々は生と性の儀式を行っていた。

DSC00541.JPG

  踊る踊る棒で叩かれ酒を飲み天へ  夏石番矢


参照
退院後はじめて銀座と上野へ
https://banyahaiku.at.webry.info/201808/article_23.html

縄文共同体の祭
https://banyahaiku.at.webry.info/201808/article_27.html












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント