第1回星の俳句コンテスト選句ほぼ完了

天の川・交野ヶ原日本遺産プロジェクト実行委員会主催の第1回星の俳句コンテストに、約800通の応募があり、選句をほぼ完了する。

第1回星の俳句コンテスト 応募用紙など
https://banyahaiku.at.webry.info/201905/article_4.html

上の記事から実際に応募用紙を印刷した投句もあった。

楽しい絵入りの投句もあったが、心を鬼にして、俳句だけを審査。

画像


小学生・幼稚園生の部
中高生の部
一般の部

この3部門から、第1位から第3位を選抜。どの部門も優劣つけにくいほど、活気があった。

最優秀賞は、3部門から選ばれた夏石番矢賞。もちろん1句。これもほぼ内定。

数日待って、結果を確定する。

選ぶのに苦労するほど応募数が多く、しかし選んで楽しかった。

主催者、応募者、先生、ご父兄に感謝したい。たいていの俳句コンテストが、つまらない句に賞が与えられているのに対して、このコンテストは生き生きしている俳句を顕彰できそうで、選者としてもとてもうれしい!!!

  その星深い井戸に映って虹を発す  夏石番矢
































この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 第1回星の俳句コンテスト審査完了!!!

    Excerpt: 天の川・交野ヶ原日本遺産プロジェクト実行委員会主催の第1回星の俳句コンテストに、最終的に約1000通の応募があり、審査を完了して、主催団体へ審査結果の講評を送る。 Weblog: Ban'ya racked: 2019-06-27 21:59