「俳句界」へクローデル『百扇帖』シンポ報告

「俳句界」(文學の森)編集長河内静魚氏あて、2イベント、昨年6月17日の神奈川県立近代文学館開催の「今に生きる前衛としての古典――詩人大使クローデルの句集『百扇帖』をめぐって」と本年2月5日のパリ日本文化会館開催の「Un classique toujours d'avant-garde俳句討論会今に生きる前衛的古典―詩人大使ポール・クローデルの『百扇帖』をめぐって」についての短いレポートを送った。おそらく同誌2019年4月号か5月号にに掲載されるのだろう。

写真は3枚。

クローデル生誕150周年記念を祝っての企画であり、かつ国際交流基金主催のジャポニスム2018の企画。日仏間の文化行事としては、非常に重要な行事。

私の東大大学院時代の指導教官だった芳賀徹氏の健康悪化による延期、さらに当日の不可解な言動などかなり不都合もあったが、何とかまともなシンポジウムに近づけることができた。

パリ日本文化会館でのシンポ
画像


夏石が作成した「クローデルの旗」が聴衆へ回る
画像


このイベントのおかげで、クローデルの『百扇帖』を読み込むことができた。クローデル専門家中条忍先生にも多くを教わった。その成果は、

和文
夏石番矢
二元論を乗り越えるための詩
――ポール・クローデルの『百扇帖』について

仏文
Ban'ya Natsuishi
La poésie pour surmonter le dualisme
―Sur “CENT PHRASES POUR ÉVENTAILS” de Paul Claudel

として、「吟遊」第81号(2019年1月20日刊」、吟遊社)に掲載した。

画像


「コールサック」第97号(2019年3月1日、コールサック社)にも転載。

画像



参照
パリでの国際シンポジウム延期
https://banyahaiku.at.webry.info/201811/article_16.html



この記事へのコメント

2019年04月02日 08:02
「俳句界」2019年5月号に掲載されます。
2019年04月13日 03:46
この発表は、『世界俳句2019 第15号』(コールサック社)にも掲載されました。

この記事へのトラックバック