Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 肩衝茶入の逸品「風流」

<<   作成日時 : 2018/12/03 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

根津美術館開催の「新・桃山の茶陶」展では、名品がずらりと並べられていたが、私が最も感心したもは、下の写真の肩衝茶入。

画像


17世紀初めの美濃焼。外側の胴部に描かれた吊るし文が、素朴かつ斬新。20世紀前衛美術にも劣らない。ミロや岡本太郎の作品などより、ずっと迫力と始原性がある。しかも、形姿がとても洗練されている。

しかし、この吊るし文は一体何だろう?

植物のようでもあり、地図のようでもあり、古代文字のようでもある。

安土桃山時代の焼き物の斬新さ、素朴さ、存在感は、縄文土器にもつながりながら、別の展開を示していてすばらしい。

  吊るされているのは文字か私か瓢箪か  夏石番矢
























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
肩衝茶入の逸品「風流」 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる