東京淳心会・懇親会 同期生・元校長・国会議員らと懇談

2018年11月30日(金)」午後6時半から、大手町のフラクシア東京ステーションで開かれた東京淳心会・懇親会に出席。

明大和泉キャンパスの授業を少し早めに終えて、かけつけた。地下鉄大手町の地下で、少し迷う。

二百数十人集まる。まずは同期の第15回生の諸氏と懇談。記念撮影。

画像


画像


安達達哉、大西節、岡田兼明、北野晶平、清谷清弘、福田幸人、福永竜繁、那倉義正、橋本要人といった同期の各氏とは数年ぶり。同じ第15回生の斉藤尚亮氏とは、高校卒業以来44年ぶり。同期生は、私を含め11人出席。全同期生の1割弱が集まった。

元校長の、アントニオ・マルゴット神父に、サイン入りの夏石番矢編『種田山頭火俳句集』(岩波文庫、2018年7月初版)を贈呈し、フランス語で話す。

そして、同じ相生市出身の衆議院議員、先輩の山口壯氏と名刺交換。「自民党への出戻りでご苦労されていますね」と挨拶。

画像


このブログですでに触れたことのある学園紛争時代からの闘士、参議院議員の青山繫晴氏とも名刺交換と懇談。この先輩が一番堂々とした物腰。

画像


この両国会議員に、「俳句は日本の重要な世界的文化戦略です」と述べ、世界俳句協会への支援をお願いした。著書も、近日中に両氏へ贈る。

締めくくりは、校歌斉唱。

画像


配られたペーパーに印刷された歌詞の3番、冒頭の「蛍」が抜けていたが、出席の同窓生はちゃんと歌った。

  校歌から蛍が飛び立つ摩天楼  夏石番矢




























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック