Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 3度目のゴッホの《ひまわり》

<<   作成日時 : 2018/12/12 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年12月7日(金)午後、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館で、ゴッホの《ひまわり》を観る。おそらく3度目。

開催中の特別展「カール・ラーション」を見終えて、常設展示品としてゴッホのこの油絵がガラスケースの向こうの
壁に掛けてあった。向かって左にセザンヌの静物画、右にゴーギャンのアルルの風景画が飾られ、豪華な三幅対となっていた。

やはり《ひまわり》が一番迫ってくる。絵葉書を買ってM大H学部Iキャンパスでの4限の授業「比較文化A」の受講生に配布し、感想を書かせる。

この絵葉書は、印刷が割合実物に近いが、向日葵の花弁などの絵の具の盛り上がりがわからないのが残念。
画像


ほとんど黄色のバリエーションで描いた絵。描かれた向日葵の花は15個。花弁が付いていているもの、すでに種だけが一面に並んでいるいものなどさまざまな様態。

この黄色は、あこがれの日本の太陽の光、生命の根源、神などを暗示するのだろう。静物画というよりは、おごそかな宗教画である。今回は落ち着いた暖かさを感じた。やはり、観るときの状態が印象に影響するらしい。

  万物照らす十五個の向日葵は私  夏石番矢  


参照
新宿のゴッホの≪向日葵≫鑑賞 2度目
https://banyahaiku.at.webry.info/201506/article_12.html

アルル(1) 黄色い夢
http://banyahaiku.at.webry.info/200612/article_9.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3度目のゴッホの《ひまわり》 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる