パリでの国際シンポジウム延期

2018年11月20日(火)、パリの日本文化会館開催予定の、

Paul Claudel 『百扇帖』シンポジウム
2018年11月20日(火) 18:30より 
於 パリ日本文化会館(Maison de la culture du Japon à Paris)
101 bis, Quai Branly, 75015 Paris

が、司会者の芳賀徹東大名誉教授にドクターストップがかかり、2019年の1月か2月に延期となった。

ご自分の体調管理ができないほど、老化されたのだろう。残念な事態。

  坂道をころがりやまぬ古いボール  夏石番矢


参照
クローデル『百扇帖』国際シンポジウム発表をフランス語で書く
https://banyahaiku.at.webry.info/201811/article_6.html

パリ行きの日程決まる
https://banyahaiku.at.webry.info/201810/article_24.html







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「俳句界」へクローデル『百扇帖』シンポ報告

    Excerpt: 「俳句界」(文學の森)編集長河内静魚氏あて、2イベント、昨年6月17日の神奈川県立近代文学館開催の「今に生きる前衛としての古典――詩人大使クローデルの句集『百扇帖』をめぐって」と本年2月5日のパリ日本.. Weblog: Ban'ya racked: 2019-03-04 22:14