Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 密教芸術より俵屋宗達 「京都醍醐寺」展

<<   作成日時 : 2018/09/29 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年9月27日(木)午後、東京・六本木のサントリー美術館で開催の、

京都醍醐寺―真言密教の宇宙―

を観にゆく。実は昨年開催されていた「天下を治めた絵師 狩野元信」展を今年開かれていると錯覚して出かけたのが実情。

そのせいか、がっかり。日本の密教芸術は、昨年モンゴルの首都ウランバートルで観たチベット仏教芸術にくらべて、幼く微温的。つまらない。

また、平安期の仏像は、ぼってりと間延びしていて、醜悪。

救いは、俵屋宗達の≪芦鴨図衝立≫。

画像


飛んでいる鴨の翼がおおらかな薄墨で描かれ、地上の芦もあっさりしながら的確な筆遣いで描かれている。俵屋宗達の虚飾のないのびやかさが、間抜けな密教仏像を多く観たあと、とても印象に残り、この展覧会の図録を買う気になった。

  葦の葉の折れ線揺らす鴨の羽音  夏石番矢















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
密教芸術より俵屋宗達 「京都醍醐寺」展 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる