Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 「太陽系」第20号入手

<<   作成日時 : 2018/09/23 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

俳句文芸誌と銘打った「太陽系」第20号入手。

表紙
画像


目次
画像


昭和23年6月25日発行
編集兼発行人 水谷勢二
発行所 太陽系社
大阪市東住吉区平野西之町二四六ノ三

水谷砕壷がスポンサーとなって発行した、モダンな新興俳句系の俳句誌。

しかし掲載俳句は、全般にいまひとつ。

富澤赤黄男の「抒情」も低調。

  向日葵の虚空 小びとの跳ねやまず  

新興俳句も、自由律俳句ほどの革新性はなかった。

水谷静眉「近代病について」では、高柳重信の次の句の「安値な擬態とポーズ」が批判されている。

  わが来し満月
  わが見し満月
  わが失脚

この若書きのモダニズムは、決して悪くない。

「太陽系」作品投句5句の審査員が、日野草城、富澤赤黄男、横山白虹、水谷砕壷。投句者に、伊丹三樹彦、神生彩史、門田誠一、指宿沙丘、赤尾兜子、楠本憲吉など。

  あけたてのつど妻の香や冬襖  伊丹三樹彦

  襤褸まづ雪に埋もれしかと思ふ  神生彩史

  三日月の女化石のごとく睡る  赤尾兜子

  滅ぶ、あゝ堕胎医の掌は薔薇いろに  楠本憲吉

こういう俳句は、楠本憲吉を除いて、高柳重信の句に比べれば、旧態依然。












 








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「太陽系」第20号入手 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる