Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 「俳句評論」第3号など入手

<<   作成日時 : 2018/09/20 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「俳句評論」第3号〜第19号入手。第8号、第10号は欠号。

画像


第3号
昭和33年7月1日発行
定価60円
編集兼発行人 高柳重信
発行所 東京都渋谷区代々木上原1289
俳句評論発行所
表紙カット 難波田龍起

ざっと読んで、高柳重信の特別作品「蒙塵」5句が突出している。

中洲にて
叢蘆そよぎ
そよぎの闇の
残り香そよぎ

この1句の4行冒頭は、「中」「叢」「そ」「残」、つまりのちの内縁の妻で、住居を発行所に提供した中村苑子。彼女への暗号化されたラブレターか?

三谷昭は、「鳩」5句に代表作が含まれる。

鳩墜ちて正方形の石並ぶ

永田耕衣の「諸君」5句は、下手な前衛俳句。

デパートでビール飲む鼠のような僕

これなどは、まだ素朴さとユーモアがある。

重信の当時の妻で、高柳蕗子の母、高柳篤子は、奇怪な無題の俳句5句を発表。

猫の尻毛は 鉛筆けずり 野原でまわせ 野原でまわせ

おもしろい俳句だが、狂気に近いものがうかがえる。彼女は重信と離婚し、渡米して亡くなったとか。

俳句雑誌発表作で、後世に残る句は、1パーセントもないのが、「俳句評論」という新興俳句系のエリート集団の雑誌にもあてはまるが、貴重な資料。古本値段も安くなかった。

こう書いて、屋根裏部屋の資料を点検したところ、「俳句評論」創刊号から第30号あたりまでは、揃いで保存してあった。中村苑子さんから譲与されていた。これを忘れていた。

このころの俳句は熱気があった。日本も熱気があった。

しかし、ほんとうの見識を持った人はほとんどいなかった。

































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「俳句評論」第3号など入手 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる