Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 新宿2丁目夢の跡

<<   作成日時 : 2018/09/11 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年9月6日(木)、新宿三丁目での午後6時の待ち合わせの前に、一時間半ほど新宿二丁目付近を歩く。

このあたりを歩くのは、2010年以来8年ぶり。

かつては、ゲイの歌人、当時朝日新聞社社員だった石井辰彦とよく、ゲイバー「クロノス」へ飲みに行った。マスターというか、ママというか、黒ちゃんが経営するお店。ヴェルレーヌ、チャイコフスキーなどの、世界のゲイもしくは、バイの著名文化人の写真が飾ってあった。

黒ちゃんが亡くなり、いまは店は空き家状態。それでもビルの外に看板が残っていたので、撮影する。

画像


画像


この店で、中上健次と飲んだこともある。

この店を詠んだわが一句。

  黒の巣に小指を立てて年をとる  夏石番矢

  句集『楽浪』(書肆山田、1992年)

そう、黒ちゃんは苗字が、黒沢、黒田だったか、名前が「としお」だった。それだから「年をとる」。自分を「せんずりおかま」と呼んでいた。

美空ひばり、三島由紀夫、赤木圭一郎なども知り合いだった。

私がここで、かまととぶっていたイギリス帰りの若い男に怒ったことがある。しょげた売り専ボーイを、黒ちゃんが励ましているのを目撃したこともある。この店には、長谷川櫂も来たことがあるらしく、私が彼を批判しても黒ちゃんは決してけなさなかった。

この店の命名者は、高橋睦郎。ここで出会ったことはない。

クロノスが入っていたビルは、いまは空き部屋が多い。時間の経過は、無情に進行する。

  新宿二丁目野良の黒猫にしらが  夏石番矢





























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新宿2丁目夢の跡 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる