制度改革失敗の荒廃

近年の日本の制度改革は、ことごとく失敗に終わっている。

司法制度改革
選挙制度改革
働き方改革

日本の根幹をなす制度改革の失敗は、国民が支持していない安倍自公政権の長期化が端的に示している。

「アベ政治を許さない」と老人がはしゃいで反対しても、「アベ政治」は続く。

洪水や地震に対して、自衛隊はまったく無力。

土木工事も、予算をけちっているから、大災害に耐えることができない。

無給の残業の増加。

全体として、希望と安心感のない社会。

日本は、これからどうなってしまうのだろうか?

  洪水に黒い心臓太るばかり  夏石番矢

























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2018年08月24日 07:05
全くその通りです。

教育改革の失敗もあります。

旧制高校の廃止
ゆとり教育
国立大学の独立行政法人化と教養学部の統合、縮小、廃止
英語教育

人の荒廃が国の荒廃に繋がる。


この記事へのトラックバック