永井荷風『濹東奇譚』を読む

ぶりかえした風邪の寝床で、永井荷風の『濹東奇譚』を読む。これまで何度も読もうとして、投げ出してしまった小説。

アメリカとフランス在住体験のある荷風は、日本の近代を偽物として苦々しく受け取っただろう。

新聞を読まないとか、ラジオがうるさいとか、日本のメディアの虚偽性を、この小説の主人公に言わせている。

しかし、ごちゃごちゃした細かい描写が、濹東=玉の井の雰囲気を出しているかというと、そうでもない。

お雪という娼婦との交情も、悪くはないが、浅い。日本の近代小説はこの程度のものなのだろうか?

  黴臭い二階で交わる雪の妖精  夏石番矢











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック