Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり羽生結弦は凄い!!!

<<   作成日時 : 2018/02/18 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 1

2017−2018シーズンは、ほとんど羽生結弦についての記事は書かなかった。

昨年は、平昌冬季オリンピックの、男子フィギュアスケートの優勝者は、米国のネイサン・チェンではないかとも予想した。

ネイサン・チェンの驚異
http://banyahaiku.at.webry.info/201701/article_23.html

昨シーズン後半のネイサン・チェンには殺気のような迫力があった。彼の演じるFSの韃靼人は天下無敵のように思えた。しかし、今シーズンは、怪我のせいか、気迫がない。

羽生結弦は、昨秋のGPシリーズ第三試合の欠場からの休養とリカバリーが成功したようで、平昌冬季オリンピックの団体戦は欠場ながら、2月16日シングルのSPは、演技に磨きがかかり、自らの持つ世界最高点112.72に次ぐ、OR更新の111.68点を獲得した。

やはり、ほめたたえるべき別格の演技としか言いようがない。

羽生結弦の優雅さ
http://banyahaiku.at.webry.info/201212/article_26.html

2012年12月から注目してきた。必ずしもいつも順調ではなかったが、応援してきて、羽生に学ぶところが多い。逆境をしのぎ、それをプラスのエネルギーと成果につなげるところは一貫している。

2月17日のFSは興奮で、この記事があまり続けて書けない。たぶんミスはあると予想したが、2回転倒の危険性が出たなか、いずれもよく踏みこたえた。結果は、66年ぶりのオリンピック2連覇。

ブライアン・オーサーが、羽生のコーチを引き受けるとき、オリンピック2連覇の可能性を早くも見抜いていたが、それがいま実現した。

画像


画像


また、オリンピック初出場で、FS最終滑走のプレッシャーを乗り越えた宇野昌磨の2位もすばらしい。

  氷上の悪魔を払う細い四肢  夏石番矢


























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
4年後にはいない
平昌冬季オリンピックのフィギュアスケート男子シングルの結果は、なんとも感動的で豊かな内容だった。 ...続きを見る
Ban'ya
2018/02/18 22:08
羽生結弦の右足は回復可能か?
羽生結弦の冬季オリンピック2連覇の喜びの裏で、心配なのが、右足の病状。痛みどめを服用しての個人戦出場。 ...続きを見る
Ban'ya
2018/02/18 22:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
NBCで観戦しましたが、途中から実況アナウンサーも解説者も無言になってしまいました。「相手を黙らせる」と言いますが、プロの解説者でさえ言葉が出ないほどの演技だったということでしょう。チェンはクワッドを6回跳んで5回成功させてフリーだけの点数は羽生を9点も上回っていました。彼が次世代をリードして行くでしょう。

Tsuji-Boston
2018/02/17 15:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり羽生結弦は凄い!!! Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる