AceのスーツケースのTSAロックは欠陥

Aceのスーツケースの新しいTSAロックが、海外旅行2回目にして壊れる。初めて使った7月のアイルランド行きでは大丈夫だったが、8月のモンゴル行きの帰路、羽田で受け取ったさい、このロックが壊れていた。

基本的に欠陥商品だ。

購入した東武百貨店池袋店で苦情を言ったら、「まだ他からクレームはありません」などと答えるのものだから、

欠陥商品を売りつけておいて、その態度は何だ!!!

と叱ってやった。フロアが静まり返ったが、自慢げにこのTSAロックなるものを説明して売りつけたこの女性店員は、私のことは覚えておらず、また対応がひどいので、さらに、

出まかせをいうな! そういうデータがあるのなら出せ!!!

と再度叱ってやった。

東武百貨店はこれまでひいきにしてきたが、今後は考え直そう。

ところで、問題のTSAロックのありさまを写真で。

画像

左側の金具がはめ込めない。

スーツケースを乱暴に扱う海外の飛行場もあるのに、こういうちゃちな突起物を付けたロックが壊れやすいことに気づかないなんて、Aceという会社はボケているのではないだろうか?

今回は、同じ航空会社の便を往復とも使ったので、犯人はそのAir Chinaだろう。

鞄自体
画像


画像


たった2回の海外旅行で壊れる鞄のロックは、Aceという会社のみならず、日本の製造業の衰退を象徴しているのではないか?

東武百貨店、Ace、Air Chinaこの3社によって、私の海外旅行に不快さの汚点が付けられた。

  新品でもぼろぼろのAceの鞄は黒い心臓  夏石番矢













































この記事へのコメント

2017年08月29日 07:46
最近のスーツケースは簡単に壊れるようです。妻のSamsoniteのキャスターが1回の日米往復で取れてしまいました。中を見たら余にもお粗末な構造でこれでは20kgの荷重には耐えられないとわかりました。勿論Made in Chinaの製品。私は空港で一度雨の中に放置されて浸水してから20年近くアメリカ製(Chinaではありません)のZERO HALLIBURTONのアルミケースを使っています。月の石を持ち帰るのに使ったケースといえばその信頼性、堅牢性をわかってもらえるでしょうか。3年前に空港での乱暴な扱いでロック部分が壊れたのですがメーカーに問い合わせたら未だ修理パーツがあり(20年前の製品ですよ)無料でパーツを送ってくれました(ZERO HALLIBURTONでも最近のキャスターや取手がついた製品は薦めません)。

海外へ生産拠点を移したメーカーは品質管理でほとんど失敗していますね。日本に残ったメーカーの製品は同業他社製品に比べて付加価値が出てきているようです。

我々日本人はもっと日本製品を大切にしたいです。
2017年08月29日 08:23
困ったもんですね……
2017年08月30日 18:42
結局、Ace製のすべてのジッパー式はTSAロックなので、フレーム式の同額のスーツケースに交換してもらうことに。

この記事へのトラックバック