短歌雑誌「星座」へエッセイ送稿

短歌雑誌「星座」第78号(尾崎左永子主宰、かまくら春秋社)へ、リレー連載「アッパレ お国ことば」向けのエッセイ「兵庫(二) 姫路のことば」を送る。

写真は、「アッパレ お国ことば」向けのエッセイ「兵庫(一) 父母の最晩年のことば」掲載の「星座」第77号(2016年4月)表紙。

画像


この原稿依頼がなければ、自分のお国ことばについて書く機会はなかったかもしれない。あまり故郷に帰ることが無くなってから、そして60歳になってから、こういう過去を振り返る文章も大切だと思った。

この原稿を書くために、『車谷長吉全集』全3巻(新書館)を購入して、読んだ。今回の「兵庫(二) 姫路のことば」に、小説「漂流物」が登場する。

また、車谷長吉のいとこが同期生だった淳心学院中学・高校についての、神父さんの英語、日本語、同期生の方言について触れた。俳句好きだった故福本泰雅先生の一句も引用。

  お城が見える学校での、神父さんからこうての、東大入った 夏石番矢


参照
短歌雑誌「星座」へ方言についてのエッセイ
http://banyahaiku.at.webry.info/201602/article_30.html

大雪と『車谷長吉全集』
http://banyahaiku.at.webry.info/201601/article_20.html





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック