『夢のソンダージュ』カバー案

200の夢を記録した『夢のソンダージュ』(沖積舎、2016年5月刊行予定)のカバー案が、清水国治さんによって作成された。

本文初校校正中にカバー案がデザインされるのは、きわめてめずらしい。普通はもっと遅い。

上端に、題名の英訳、The Sounding of Dreamsと、夏石番矢の欧文表記、Ban'ya Natsuishiも入れてもらった。

画像


夢にふさわしく、青と黒の2色がベースのデザイン。3という数もデザインの基本原理になっている。

帯のデザインはこれから。神山睦美さんと山田耕司さんによる解説からの抜粋で、表と裏に配される。

この本は、はじめから出版しようと思って生まれた本ではなく、60歳を過ぎ、夢も200記録したから、沖積舎の沖山隆久さんに相談して1冊のかたちとなった。当初、200も夢を記録できるとは予想できなかった。

詩のようで、単なる詩ではない、新しいジャンル。山田耕司さんも解説で指摘していたが、夢をどう記述するか、どう表現するかは、心理学でも、文学でも、あまり追及されてこなかった。

解説も誰がふさわしいか熟考し、このお二人しかいないと決断した。

夢を記録することは、きわめて孤独で、非日常的、あるいは反日常的な作業だったが、さまざまな友人の協力を得てここまで漕ぎ着けた。感謝!!!

この続編を出版できるかどうかは、まったく不明。それでも、夢201から夢203を記録している。最近の夢には、何か変化があるように思える

滝として夢落下せず消えて白夜 夏石番矢


参照
『夢のソンダージュ』初校出る
http://banyahaiku.at.webry.info/201603/article_7.html

『夢のソンダージュ』組み見本
http://banyahaiku.at.webry.info/201603/article_3.html

『夢のソンダージュ』5月刊行へ
http://banyahaiku.at.webry.info/201602/article_19.html

『夢のソンダージュ』山田耕司解説届く
http://banyahaiku.at.webry.info/201602/article_11.html

『夢のソンダージュ』神山睦美解説届く
http://banyahaiku.at.webry.info/201602/article_1.html

『夢のソンダージュ』解説
http://banyahaiku.at.webry.info/201601/article_11.html

『夢のソンダージュ』刊行へ
http://banyahaiku.at.webry.info/201511/article_11.html
















この記事へのコメント

2016年03月07日 17:54
夏石先生、お世話になっています。魂の行方を考えさせるデザインですね。記事と関係無い質問をさせて下さい。夏石先生は大学で仕事を終えた後、自宅で夕食を摂ることがお有りになると思いますが、その時、酒を飲まれますか?飲酒後、俳句関係の仕事(翻訳等)をおやりになる場合が有りますか?以上、よろしくお願いします。私は夕食時に酒を飲むと、無気力になり、何も出来なくなります。夏石先生の飲酒の頻度を教えて下さい。
2016年03月08日 07:55
このごろは家ではほとんど飲酒しません。ストレスや不安をかかえていたときは、夕食前や夕食後、あるいは寝る前にも赤ワインをよく飲んでいました。

この記事へのトラックバック

  • 『夢のソンダージュ』デザイン一式

    Excerpt: 夏石番矢『夢のソンダージュ』(沖積舎、2016年5月刊行予定)のカバーを含む、デザイン一式。 Weblog: Ban'ya racked: 2016-03-09 18:46
  • 『夢のソンダージュ』5月刊行

    Excerpt: 実際に見た夢を200記録した、 Weblog: Ban'ya racked: 2016-03-14 17:29
  • 『夢のソンダージュ』揮毫落款入り本

    Excerpt: 夏石番矢『夢のソンダージュ』 A5判 250ページ 並製本 本体価格 3500円 解説 神山睦美 山田耕司 装幀 清水国治 沖積舎 2016年5月23日 ISBN 978-4-8060-070.. Weblog: Ban'ya racked: 2016-04-13 01:03