『夢のソンダージュ』以降の夢

『夢のソンダージュ』(上製本、約250ページ、沖積舎、2016年5月刊行予定、本体価格3500円)以降の夢で、記録した夢が15となった。記録できない夢も結構あった。

『夢のソンダージュ』からの通し番号では、夢201~夢215。直近の夢215は、数日前に見て記録しなかったが、また見たので記録した。記録しろと夢が言っているようだ。

僕と君だけ挙手しない夢また見て記録する 夏石番矢

たしかに、夢200以前とはトーンが違う。夢200では子猫や猫の胎児が出てくるので、私に転機が訪れつつあるのだろう。

『夢のソンダージュ』もできていないのに気が早いが、『夢のソンダージュ2』が出版できるだろうか? 

夢はよく見る(よく覚えている)時期を過ぎると、まったく見ない(覚えていない)時期に突入して、予測がつかない。いまは、夢をよく見る時期。

次に100(夢201~夢300)書き留めたら、出版してみたい。定価も2500円ぐらいですむだろう。それがいつになるかわからない。

笛の音に白いビデオカメラ飛ばす夢は春 夏石番矢














この記事へのコメント

この記事へのトラックバック