インド料理店でのほほえみ

1月28日(木)、神田須田町のインド料理店で昼食。ナンとカレーとサラダ。

2014年9月からこの店の前をよく通ったが、初めて中へ入った。

味と値段はまずまず。ボリュームは、大きなナンを残してしまったほど。

この店の出入り口に一番近い席に座って食事中、すぐそばの歩道で客引きをしているインド人の店員と目があった。彼は実に素直で屈託のない笑顔を返す。

こういうことは、日本人の成人男子間では起きないことだと、感心する。

また、舗道の常緑樹をバックにするとインド青年は映える。

このインド青年は、20代だろうか? どことなくアメリカ・インディアンを思わせる顔立ちで、背も低い。インドも多人種の国。

今の日本に欠けているのは、屈託のない明るさ、率直さだと思う。逆に、小賢しさ、暗さ、気詰まりがあふれている。

東京の常緑樹下にインド青年ほほえむ冬 夏石番矢





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック