文學の森社長から八女茶

株式会社文學の森社長、姜 琪東(かん・きどん)さんから、八女茶2缶いただく。

まず、缶が美しい。

画像


画像


俳句商業雑誌を出版する出版社社長から、こういう贈り物をいただいたのは初めて。

角川書店からは、元社長角川春樹などからとくにひどい扱いを受けたが、今回の贈り物には隔世の感がある。

姜 琪東さんあて、墨で署名した日本とインドで出した2冊の本を、お礼として郵送する。

姜 琪東さんは、在日として苦労されてきた実業家で俳人。現在、福岡市在住。

  極月や九州からの茶の雫  夏石番矢





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック