伊丹三樹彦さんとのイタリア その1

1995年6月 ローマ開催の第2回日伊俳句交流の集いで講演

という、夏石番矢の国際会議参加歴の初期に、伊丹三樹彦さんとご一緒した。

伊丹三樹彦
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%B8%B9%E4%B8%89%E6%A8%B9%E5%BD%A6

旅をともにすると、その人がかなり理解できるようになる。

私の印象は、かなり人へのサービス精神旺盛な俳人。また、戦後日本社会の開放感を保とうとする俳人。

俳句に関しては、いまひとつ集中性がなく、写俳のパイオニアらしく、スナップショット的な句が多いと思う。

6月1日(月)、ひさしぶりでご自宅にお電話してみた。95歳になられ、杖を突きながらも、自力で歩いておられるとのこと。慶祝!!!

ところで、伊丹三樹彦さんとご一緒したイタリアでの写真。1995年6月17日、撮影場所不明。食事のときの写真。

画像


三樹彦さんのお隣は、「青玄」同人(当時)関戸美智子さん。その右は夏石。

現代俳句協会派遣団団長は伊丹三樹彦、副団長が夏石。いまから20年前で、39歳だったので、夏石も頭髪が多かった。

三樹彦団長は、移動中の貸し切りバスで、「髭爺さん」のパフォーマンスをされた。これが一番強く記憶に残っている。


画像


この旅のさい、次の俳句を作ったのたと思う。イタリアを蜿蜒とバスで縦断した。

  イタリアの大麦秋を蛇行せり  夏石番矢

  句集『地球巡礼』(立風書房、1998年)所収。

この旅を思い出して、一句。

  麦秋やあごひげが撒く俳句の種  夏石番矢




























































知見(続続) [ 伊丹三樹彦 ]
楽天ブックス
第24句集 伊丹三樹彦 沖積舎発行年月:2010年07月 ページ数:207p サイズ:単行本 ISB

楽天市場 by 知見(続続) [ 伊丹三樹彦 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




伊丹三樹彦全句集(続) [ 伊丹三樹彦 ]
楽天ブックス
伊丹三樹彦 沖積舎発行年月:2013年07月 ページ数:1030 サイズ:単行本 ISBN:9784

楽天市場 by 伊丹三樹彦全句集(続) [ 伊丹三樹彦 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック