淳心学院第15回生同窓会2

4月11日(土)開催の同窓会の中身。午後5時から8時まで。東京会場は早稲田大学そばのリーガロイヤルホテル東京3階ローズ。

このホテル、建物は立派。アクセス最悪。飾ってある油絵はすべて偽物で、趣味が悪い。

SAPPOROのチリ産赤ワインを、私一人で1本以上は飲んだ。スペイン語で「子犬」を意味する「Perrito」。SAPPORO勤務のS・T君(S・Tはもう一人いる)提供。Muchas gracias!

姫路会場の司会者、H・H君は姫路のH耳鼻科院長。マイペース。とてもユニークなメールを送ってくる人。私がブダペストにいるとき、発信者の名を書かずに恩師の他界をメールで送ってきてくれたので、私はとても困惑し動揺した。その他……

ブダペストから帰国そして恩師の訃報
http://banyahaiku.at.webry.info/201203/article_27.html

姫路会場の様子は、東京会場のスクリーンに映し出され、音声も聞こえる。姫路会場ではその逆の設定。開始の5時からしばらくは画面が鮮明だった。音声もまずまず。午後6時前から7時ごろまで、映像は濁った水をとおしたそれのようだった。

  寒い春濁り水の底には天国  夏石番矢

それでも、他界した同窓生の追悼、2会場の参加者の自己紹介、校歌斉唱は、無事遂行。

姫路会場から、41年ぶりの同窓生の顔と声も聴くことができた。

東京会場で、姫路会場の映像を見て、

あれ誰?

という声もしばしばあげられた。

初体験の早かったE・I君は、痩せた小さい子だったのに、貫禄ある体型に。

私と同じ相生市出身のK・T君は、スクリーンにほとんどずーっと映っていたのに、誰かわからず、T君とわかると、東京会場で、

え~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!

という大声が。

41年の歳月は長い。

そういえば、入学試験1番のH・N君は亡くなり、名古屋で医院を開業しているK・N君は姫路会場出席。

  赤ワイン長い歳月長くない  夏石番矢


淳心学院昭和44年名簿
画像


表2とトップページ
画像



参照
淳心学院第15回生同窓会1
http://banyahaiku.at.webry.info/201504/article_17.html













  























  










参照
淳心学院第15回生同窓会1
http://banyahaiku.at.webry.info/201504/article_17.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック