長崎・花月へ「俳句四季」3月号と色紙

夏石番矢「俳句の新詩学⑮ オランダ商館長の俳句」掲載の「俳句四季」2015年3月号(東京四季出版)と色紙を、長崎・丸山の史跡料亭花月へお送りし、到着する。お礼の電話を受ける。

色紙には、花月にふさわしい自作俳句を選ぶ。娘が生まれた1990年8月、はじめて出雲を訪れてできた一句。

花月の陳列室に飾ってくださるとのこと。ありがたし。いつかまた長崎を訪れることができるだろうか?

画像

句集『楽浪』(書肆山田、1992年)所収

非売品の大判『花月史 長崎丸山文化史』(株式会社 花月 有限会社 長崎花月史蹟保存会、二〇一二年)ご寄贈のお礼に。


参照
「俳句四季」2015年3月号向け「俳句の新詩学⑮」送稿
http://banyahaiku.at.webry.info/201501/article_20.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2015年03月10日 21:44
おめでたい雰囲気と同時に艶やかな色っぽさも感じる作品ですね

この記事へのトラックバック