古事記ノート(22) コノハナノサクヤヒメ

ひさしぶりの古事記ノート。

北沢方邦『古事記の宇宙論』(平凡社新書、2004年)に、コノハナノサクヤヒメは火山の女神とある。ポリネシアの女神ペレとの類似も指摘。

富士山をご神体とする浅間大社などの祭神は、コノハナノサクヤヒメ。

この女神に、山の木々に花を咲かせる力、そして山を爆発させる力の両方があり、この二つの力は、現われこそ違うが、同じ力と考えると、納得できる。

姉が溶岩が固まった不死の女神、イハナガヒメ。
父が山の神、オホヤマツミ。
自身は火中出産して、火の三神を産む。

これらも、火山の女神の特徴として、すんなり理解できる。

  山頂で表は花裏は炎の仮面が踊る  夏石番矢


参照
古事記ノート(21) 国引き神話1
http://banyahaiku.at.webry.info/201212/article_29.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック