新規・第2回うたげの会

10月26日(日)、首肩の凝りが、根っこから軽くなりつつある。そのかわり、眠い。

午後1時半から、東京・神谷町の大阪経済法科大学・東京麻布台セミナーハウスで、

新規・第2回「うたげの会」

報告/松本彰「19、20世紀ドイツにおける〈うた〉と〈まつり〉―プロイセン、オーストリア、ドイツの国歌と国民歌を中心に」(約1時間)

コメンテイター : 兵藤裕己、佐々木幹郎
司会: 猪俣ときわ

8月開催のカタリの会が、このうたげの会として新規一転。会は、質疑応答を含め、5時過ぎまで。近くのレストランで、8時半まで懇親会。面白い問題が提起されたが、からだがだるく、ここに書き込めない。

暖かい一日だった。夜もそれほど気温下がらず。

  震災後の星空三拍子の「ふるさと」なら歌える  夏石番矢


参照
猛暑の研究会
http://banyahaiku.at.webry.info/201408/article_9.html



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック