第1回椎の木賞の賞金袋

1984年、坪内稔典、宇多喜代子の2人を選考委員とする第1回椎の木賞を、私はもらった。第1評論集『俳句のポエティック 戦後俳句作品論』(静地社、1984年)に対してだったと記憶する。第2回以降続かなかった賞で、そういう点では貴重。

屋根裏部屋を整理していたら、この賞の賞金袋が出てきた。坪内稔典が揮毫したもの。残念なことに黴が生えている。

画像


賞金は10万円と、袋のうしろにやはり同じ筆跡で墨書されている。

あれから、29年が経過した。

俳句の批評は少しも向上せず、低迷している。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 夏石番矢受賞歴

    Excerpt: 1980年 俳句雑誌「俳句評論」昭和54年度年間推薦作家 Weblog: Ban'ya racked: 2015-05-29 23:42