3・11とは?

2011年3月11日とは何だったのか? これは後世の歴史家の答えを待たなければならない問い。

東日本大震災とそれに続く福島第一原発事故の日であるのは言うまでもないが、これに付随して、さまざまな分野で日本と世界の崩壊過程が始まったのではないだろうか? たぶん、産業革命以来のシステムの崩壊過程。

あれから2年後の日本の状況。

1 小沢一郎の人格破壊をおこなった司法とメディアへの信頼喪失
2 小沢一郎つぶしによる、政権交代可能な野党の消失
3 福島原発事故と放射能拡散についての虚偽報道による、一層のメディアへの信頼喪失
4 底知れない不安感の蔓延
5 一部の人たちの増長と部分的なバブル(アベノミクス)
6 不吉な人相の安倍晋三首相誕生
7 ほとんどの組織の形骸化
8 適切な状況認識の欠如
9 人身事故の常態化

明るい材料はない? 腐ったものがより腐ってゆくことも、明るい材料?

さて、来年の3・11はどういう日になるだろうか?

チェルノブイリの前例によると、原発事故3年後から、放射能被曝の人体への影響が、けた外れに顕在化するとのこと。東日本ではどうなるだろうか?

  黒いコートが未来を包めず歩く雑踏  夏石番矢

上の1、3、5、7、8の愚かな典型例として、NHKのツイート炎上が起きた。

NHK広報の過去ツイートが再炎上
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0311/rct_130311_0595497970.html







  


  













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック