古事記ノート(17) 仏訳古事記入手

フランス語訳『古事記』を、インターネット注文して、入手。2年前は、仏訳新刊は存在しなかった。M大H学部の専門演習(古事記)は、すでに前期終了。後期に活用したい。

Kojiki
Chroniques des faits anciens
par Pierre Vinclair
le corridor bleu, Saint-Pierre, 2011

散文訳ではなく、一行の長さが決まっていない、自由詩訳。

最初に登場する「天之御中主神」の仏訳は、

Maître-Luxuriant-de-l’Unification

日本語では「統一の豊かな主人」。中央主権国家で、官僚支配の国フランスらしいとらえ方。

この仏訳の副題「年代記」は、表面上適切かもしれないが、実際解読してみると、時系列で遠い過去から近い過去へ整然と並んだ記述ではないので、あまりいい副題ではない。かと言って、代案がない。

これが、現在も根強く続く日本的混沌。


参照
古事記ノート(16) 南への回路
http://banyahaiku.at.webry.info/201206/article_32.html








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック